世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

1904年、稀代のクリエイターであったアルベルト・サントス=デュモンとルイ・カルティエの友情から誕生した「サントス ドゥ カルティエ」。2018年5月10日に、その最新コレクションのローンチを記念したイベントが東京・六本木で開催された。(本記事ではダイジェスト版をお送りします。全文はこちらをご覧ください)


この日は、「サントス」の精神を体現するイノベーター、クリエイターたちが、特別なコンテンツを用意。ルイ・カルティエとサントス=デュモンがお互いの創造性をかきたてあったように、才能にあふれた男たちが生み出したクリエイションは訪れた男性たちを刺激し、その話題が彼らをさらに結びつけた。

カンヌクリエイティブライオン金賞の受賞歴も持つ工学博士・徳井直生によるAI DJ、いまや日本を代表するメディアアーティストであるRhizomatiks Researchの真鍋大度と堀井哲史による最新のパフォーマンスに会場は熱気を帯びた。


Rhizomatiks Researchの真鍋大度

他にも、デザイン・イノベーション・ファームであるTakramがこのプロジェクトのために特別に制作したビデオ・インスタレーションや、ミシュラン一つ星シェフ松嶋啓介の創作料理、新政酒造とMinimal -Bean to Bar Chocolate-による本来困難な日本酒とチョコレートのペアリングなどが用意された。

Video Installation “NIGHT FLIGHT”
TakramによるVideo Installation “NIGHT FLIGHT”

サントス=デュモンとルイ・カルティエが出会って世界初の実用的腕時計が生まれたように、現代のイノベーターやクリエイターたちが出会い、化学反応が生まれる場。交わされる会話のひとつひとつが、これからの時代を切り開いていく。そんな才気あふれる現代のサントスマン達が集い、歴史を刻んだ夜となった。

詳細は「サントス ドゥ カルティエ」スペシャルサイトにて
ストーリーはこちらから

あなたにおすすめ

合わせて読みたい