Close

PICK UP

I write about technology and science

tommaso79 / Shutterstock.com

コンサル会社「Stone Temple」が行った最新の調査でアップルのSiriの能力は、音声アシスタントのなかで最も“使えない”レベルであることが判明した。

Stone Templeは4492問の質問を各音声アシスタントに回答させた。その結果、トップはグーグルのスマートフォン向け音声アシスタントで正答率は74.6%。2位がコルタナで59.5%、3位がグーグルのホーム・アシスタントで58%、4位がアレクサで44.3%。そして最下位のSiriは正答率が3分の1にも満たない32.7%だった。

Siriの誤答例をあげると、「ダースベイダーの声優は誰?」という質問に対し、Siriは「下記がダースベイダーの写真です」との文言を表示し、7つの映画のジャケット写真を表示していた。

さらに酷いのは、Siriが回答しようとした質問がわずか40.2%だったことだ。つまり59.8%の質問にSiriは回答しようともしなかったのだ。回答した質問の割合が半分を切ったのはSiriだけだった。グーグルのスマホ向けアシスタントは77.2%の質問に答える努力をした。

しかも、Siriは回答した質問の正答率が80%で、この成績も最も低かった。グーグルのスマホ向けアシスタントは95.2%の正答率だった。

SiriはiPhone向けのサードパーティーアプリとして2010年に登場し、アップルが買収して2011年にはiOSの一部として提供されるようになった。これに対してコルタナとアレクサは2014年に、グーグル・アシスタントは2016年に発表された。Siriの発表されてからの期間はコルタナとアレクサのほぼ2倍、グーグル・アシスタントの3倍以上になるにもかかわらず、質問に答える能力は劣っている。

状況から見てアップルにとってSiriは大失敗だったといえる。アップルはSiriの能力を改善するため、グーグルでAIと検索を統括していたJohn Giannandreaを4月に引き抜いた。Siriの現在の能力を考えると、アレクサに追いつくのはさほど難しいことではないだろう。

今回のGiannandreaの起用で、Siriがその能力を少しでも向上することを願いたい。現在のSiriはアップルにとって恥さらしなのだから。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい