Close RECOMMEND

PICK UP

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

インスタグラム最高製品責任者 ケビン・ウェイル(Photo by Noam Galai/Getty Images for TechCrunch)

私が統括する製品部門では新機能の導入など、インスタグラムの進化について考えています。つまり、ユーザーがどのように製品を使っているか、どうすればより良い体験を提供できるか、です。

まず、我々はコミュニティの声に耳を傾けることから始めます。調査やデータ、ユーザーグループからの聞き取りを通じて課題を見つけるのです。

例えば、2016年までのインスタグラムは、ユーザーがその時々の最高の瞬間、つまり“ハイライト”をシェアするのが主な使い方でした。しかし、人生の多くの出来事はその投稿した写真と写真の“間”に起きることの方が多い。そこで、24時間で自動消滅する動画・写真の「インスタグラムストーリーズ」を始めました。

もっとも、新機能はいつも慎重に導入するようにしています。その点については、共同創業者兼CEOのケビン・シストロムが思慮深く進めています。彼は私が一緒に働いてきた人たちの中で、最も製品について深く考える開発者ですね。製品が複雑で難解にならないよう、同時に早く、簡単に使えるように心がけています。

広告主など、ビジネスで使う人は「オーセンティック(本物)」な画像を投稿することを意識するとよいでしょう。商品の画像を紹介する場合は自然な使い方を見せた方がユーザーも共感しやすいはずです。

ユーザーと企業の間に信頼関係が生まれますし、それこそがユーザーが企業をフォローする最大の理由かと。人が会社を動かしているわけで、中の人たちのことを信頼できれば、フォロワーと会社との距離も縮むはずです。


ケビン・ウェイル◎Instagram(インスタグラム)の最高製品責任者として、コンシューマおよび広告主向けプロダクトを統括。ツイッターのプロダクト部門シニア・バイスプレジデントとしてVineやPeriscopeの開発・デザインを統括管理した後、2016年3 月にインスタグラムに入社して現職に就いている。ハーバード大学で数学・物理学の学士号、スタンフォード大学大学院で物理学修士号を取得。

文=Forbes JAPAN 編集部

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい