世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

飛行家アルベルト・サントス=デュモンとルイ・カルティエの出会いにより誕生した、世界初の実用的腕時計「サントス ドゥ カルティエ」。2018年4月5日夜、その新しいコレクションの発表を記念したパーティが開かれた。

開催地に選ばれたのは、イノベーションの聖地として知られるアメリカ・サンフランシスコ。サントスの精神を現代に受け継ぐ俳優、映画監督、アーティスト、アントレプレナーら、世界中のセレブリティやイノベーターが参集した。(詳しくはこちらをご覧ください)



エントランスをくぐると、光と音のインスタレーションがパーティ会場へと誘う。手がけたのは、パリ在住の日本人が率いるアートユニット「NONOTAK」だ。彼らが作る光と音をシンクロさせるアートワークは、私たちの期待を掻き立てた。


グラミー賞も受賞しているフランスのオルタナティヴ・ロック・バンドPhoenixやJamie xxのライブパフォーマンスで会場は大いに盛り上がった。


Jake Gyllenhaal (c)Cartier


Jeremy Renner (c)Cartier


Nick Wooster (c)Cartier

会場に集まったのは、俳優のジェイク・ギレンホール、ジェレミー・レナーらのほか、ニック・ウースターといったファッショニスタも。

詳細は「サントス ドゥ カルティエ」スペシャルサイトにて公開中

ストーリーはこちらから

あなたにおすすめ

合わせて読みたい