世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

2018年4月、「サントス ドゥ カルティエ」の新コレクションの発表を記念し、サンフランシスコで開催された“Social Lab”(ソーシャルラボ)。さまざまなジャンルで活躍するクリエイターたちが一堂に介したこの場所に、コンテクストデザイナーでTakramマネージングパートナーを務める渡邉康太郎も参加した。彼が触れ、感じたものとは。渡邉本人が綴った。(本記事ではダイジェスト版をお送りします。全文はこちらをご覧ください)


ソーシャルラボという空間

エントランスにはNONOTAKによるアートインスタレーションが広がる。キッチンでは料理研究家ダニエル・ドゥ・ラ・ファレーズのコースメニューが供され、オーディオルームからはApple Musicラリー・ジャクソンとミュージシャンToro y Moiの声と音楽が聞こえてくる。中央広場では義足アスリートのエイミー・ムリンズと瞑想指導者ボブ・ロスが対話している……。

ソーシャルラボは、空間に漂う知と美のヒントを呼吸するための場所だった。共感覚的に同時多発的に、身体に刺激が注がれる。古代ギリシアのアテナイのアゴラは、あるいはこんな雰囲気だったのだろうか。特に印象的だったのはNONOTAKによるステージ。

NONOTAKは、パリに生まれ育った日本人Takと日仏のハーフであるNoemiによるアーティストユニットだ。彼らはエントランスのインスタレーションのほか、夜のライブショーも担当していた。音と光が、形のない彫刻として空間を満たす。

ステージは空間の中央に配置されていたから、パーティの参加者は四方から囲んで、どの位置からでもライブを見られる。でも二人は決して観客の方を向かない。お互いに向かい合うようにMacを操作しプレイする。ビートトラックに合わせてメッシュスクリーンに投影される白と黒の模様。たった二色のパレットでも展開される縞のパターンは複雑で、リズムに合わせて変幻自在に姿を変えた。その迫力はみんなの心拍数を確かに上げていて、踊りの下手な僕でさえいつの間にか身体を揺らしていた(嬉しくもなったし恥ずかしくもなった)。

音と光。身体全体を揺るがすように空気を震わす波。そのライブパフォーマンスは、うっかり人に話したくなる、確かな強度を持っていた。

NONOTAKとの会話

でも実はNONOTAKとの出会いを、もっと個人的に感じられるような出来事があった。ライブの前に少し彼らと話をする時間があったからだ。僕は彼らに「五感の原体験」について尋ねてみた。音と光の原体験としてTakは花火を挙げた。

遠くで突然、夜空に輝き花開く光。遅れて届く音が身体に響く。Noemiは、子供の頃体験したあるインスタレーションを挙げた。複数の部屋を通過して、明るい暗い、暑い寒い、小さい大きいなど色々な両極端を体験するものだったそうだ。「感覚の部屋」とでも呼べるだろうか。

全文は「サントス ドゥ カルティエ」スペシャルサイトにて

ストーリーはこちらから

渡邉康太郎◎コンテクストデザイナー、Takramマネージングパートナー。代表作にISSEY MIYAKEの手紙のギフト「FLORIOGRAPHY」他、国内外での展示など多数。著書に『ストーリー・ウィーヴィング』(ダイヤモンド社)など。

あなたにおすすめ

合わせて読みたい