Close

PICK UP

I cover noteworthy technology, startups and gadgets

マーク・ザッカーバーグ(Photo by Alex Wong/Getty Images)

フェイスブックは2017年、マーク・ザッカーバーグCEOの警護費用として730万ドル(約7億8000万円)のコストを支払ったという。このニュースは英「ガーディアン」が伝えた。

同社によるとこの費用は「創業者でCEOであるザッカーバーグを特定の脅威から守るために、必要なものだ」という。

2016年に比べると昨年、ザッカーバーグの身辺を守るボディーガードやセキュリテイ要員に支払った警護費用はほぼ2倍に達したという。また、COOのシェリル・サンドバーグの警護費用は270万ドル(約2.9億円)だった。これらの金額は同社が米証券取引委員会(SEC)に提出した資料で明らかになった。

フェイスブックは提出書類で次のように述べた。「マーク・ザッカーバーグはフェイスブックにとって非常に重要な人物であり、これらのコストは適切で必要なものであると考えている」

同社はザッカーバーグの自宅にもボディーガードを配置し、個人的な旅行の際にも警護要員をつけているという。フェイスブックは2017年、プライベートジェットを使用したザッカーバーグの出張の警護費用に150万ドル以上を支払ったという。

ガーディアンによるとフェイスブックが2015年以来、ザッカーバーグの警護やプライベートジェットの利用料に支払った金額の合計は2000万ドルに達するという。

ザッカーバーグは以前から1ドルの年俸しか受け取っていないことで有名だったが、今回の提出書類により2017年も彼の報酬が1ドルだったことが確認された。

フォーブスの「リアルタイム・ビリオネア・ランキング」でザッカーバーグの資産額は現在、710億ドル(約7.7兆円)と算定されており、彼は世界で5番目の富豪の地位を守っている。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい