Close

PICK UP

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

illustration by Infomen

世界中で絶えず発生し続けている凶悪なテロ事件。そのテロの財源はいったい何で、どこからくるのか。フォーブス イスラエルがその背景を分析した。


それは土曜日の正午のことだった。カフェやホテル、レストラン、政府施設が建ち並ぶソマリアの首都モガディシオの広場には、何千人もの人々が繰り出していた。その通りを、何百kgもの爆発物を満載した2台のトラックが走り抜け、テロ対策のバリケードの1つを突き破った。

トラック2台は、治安部隊と短いカーチェイスを繰り広げたとの証言もある。そして、群衆のど真ん中で、街路全体を破壊するような大爆発を起こした。何十台もの車が炎上し、崩落した建物が人々を押しつぶした。

犠牲者や負傷者を収容できるようになるまでに数日、被害状況が判明するには何週間もかかった。このたった1件のテロによる死者は500人を超え、過去10年間で犠牲者が最も多い、現代史上ワースト3に入るテロ事件となった。犯行声明は出ていないが、専門家の多くはイスラム過激派の武装組織「アルシャバブ」の犯行だと見ている。

それからひと月もたたないうちに、今度はエジプトでテロ事件が発生した。ジープや武装車両に分乗した数十人のテロリストが、シナイ半島北部の小村にあるモスクを襲ったのだ。

男たちは車両で出口を塞ぐと、金曜日の朝の礼拝中だった人々に無差別に発砲した。シナイ半島を拠点とするイスラム国(IS)の一分派による綿密に計画された攻撃だったと見られている。

犠牲者の数は300人を超え、100人以上が負傷。エジプト国内で起きたテロとしてはかつてない規模で、モガディシオの事案と同様、史上ワースト10に数えられるテロ事件となった。

2017年は際だって血塗られた年だった。8件の大規模なテロ事件が起こり、そのすべてで100人を超える犠牲者が出た。うち6件はタリバン、IS、アルカイダのいずれかによるもので、シリア、リビア、アフガニスタン、エジプト、ソマリアで、合わせて1500人近い人の命が奪われた。


2017年11月24日、エジプト東部、シナイ半島のビル・アル・アベドの町のモスクが金曜礼拝中に襲われ、300人以上が死亡した。

経済平和研究所(IEP)によれば、15年に起こった世界のテロの犠牲者の約74%が、これら3組織に殺害されたという。

私たちは米国のメリーランド大学による「グローバル・テロリズム・データベース(GTD)」をもとに、独自のランキングを作成した。データは、上記3組織が世界の「殺人産業」をいかに牛耳っているかを立証している。たとえば16年には1万3488件のテロ攻撃の記録があるが、実行組織が判明している事案の半数以上は、ISかタリバンかアルカイダ(またはそれらの分派)によるものだった。

テロによる死者は16年だけで3万4,700人前後に上り、ISの犠牲者はそのうち1万1623人で、全体の約34%を占めた。2位のタリバンも同年、犠牲者総数の約7分の1に当たる5000人を殺害した。

文=イタイ・ゼホライ 翻訳=町田敦夫 編集=森 裕子

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい