閉じる

PICK UP

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

JURLIQUE HAND CREAM

「見た目もビジネスパフォーマンス」だとすれば、ファッションに限らず、美容にも気を配りたい。「成果を出すためのグルーミング」と題した本連載では、そんなエグゼクティブに向け、毎月テーマに沿ったおすすめのアイテムを紹介する。

5回目の課題は「目指すは握手達人」。ビジネスの始めと終わりのけじめである握手。あなたの手は、実は相手に相当大きな印象を与えている。滑らかで、さっぱりとした握手仕様の手は、仕事まで潤滑に進めてくれるはずだ。


相手の目をしっかり見据え、微笑みとともに元気な挨拶あるいは自己紹介、そして握手─というのは今ほぼ全世界に共通するビジネスランゲージである。

元気で力強いテキサス男の手。フランス貴族の冷たく繊細な手。ロンドンの美術史家の、いかにも書窓の人という柔らかい手……僕も仕事柄、いろいろな手を握ったが、ひとつ共通しているのは、一級の人物は手にも「手がかかっている」ということだ。取材をしてみるとみなハンドクリームを欠かさず使っている。

ネクタイや時計のように目立ちはしない黒子役だが、特に中年以降の男性の手を健康的に、若々しく保ってくれるという意味でハンドクリームの対費用効果は実に大きいのだ。

僕が愛用するジュリークのハンドクリームはのびがよく、しかもサラッとしているところが気にいっている。香りも清潔感いっぱいで、オフィスにも無理なくなじむし、チューブのデザインもニュートラル。

週末は必ず爪を切り、人と会う前に手を洗い、これを塗っておけば握手に自信が湧いてくる。

余談をひとつ。握手は“シェイクハンド”なのだから、数回きっちり「振る」ことをどうぞお忘れなきよう。

<JURLIQUE | HAND CREAM>
ラベンダー ハンドクリーム、シトラス ハンドクリーム 各40ml 2900円 / ジュリーク・ジャパン 0120-400-814

<Recommended by…>
林 信朗 / 服飾評論家
1954年、東京都生まれ。『25ans』『MEN’S CLUB』など数々の編集長を務め、現在は、フリーでファッション誌、機内誌、web、新聞などでファッションやトレンド、映画について健筆を振るっている。

構成=三井三奈子 写真=広瀬美佳

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい