編集者/ライター

ビジネスバッグといえば、誰しも思い浮かべるのがトゥミのバリスティックナイロンのシリーズ。そのイメージがさらに膨らむ新しいカラーのアイテムが登場した。


見るからにタフなバリスティックナイロン。その質感を全面に出したトゥミのブリーフバッグは、オフィス街を歩けば常に視界に入ってくるほど多くのビジネスパーソンが愛用する逸品だ。

なかでも人気の「ALPHA 2」は、トゥミのものづくりの哲学が凝縮されたトラベル&ビジネスの定番コレクション。

メインコンパートメントにはPCやタブレットを収納するための保護剤が仕込まれたポケットがあり、持ち運ぶ資料が増えたときにマチを拡張できるギミックを備えたタイプも。外側のポケットにはペンや携帯電話やモバイルバッテリー、名刺入れなどをスッキリと収められる仕切りが用意され、着脱可能なショルダーストラップは当たり前。本体に収納したベルトを取り出せばバックパックのようにも使える。背面に設けられたスリーブにより、バッグをラゲージのスリーブにセットアップでき、出張にも持ち出しやすい。

そんな機能性の高さに加えて、ファンクションとデザインが高いレベルで融合しているのもまたトゥミのバッグの魅力だ。無駄な装飾は一切なし。それでいて機能性の高さをデザインとして活かし、佇まいは極めて洗練されている。このスマートさはビジネスが円滑に進むことを助けてくれるだけでなく、対峙する相手にとっても「トゥミのバッグを使っている」=「ビジネスに必要なものをきちんと選べる明晰な頭脳を持つ」ことを雄弁に物語る。

ブラウンの新色が登場


(左)「エクスパンダブル・オーガナイザー・コンピューター・ブリーフ」。アコーディオン式の書類&PC収納スペースを備えた2コンパートメント。高さ30.5cm×幅40.5cm×奥行き14cm(拡張時19cm)。68,000円。(右)「スリム・ソリューションズ・バックパック」。ブリーフケースとバックパックを一体化させたデザイン。高さ40,5cm×幅33cm×奥行き15cm。59,000円。

さて、前置きが長くなってしまったが、今日の本題はこの「ALPHA 2」から、日本に登場するニューカラー「エスプレッソ」(ブラウン)が登場したというニュース。もともと韓国限定カラーとしてスタートした色だったが、この4月から日本でも販売を開始するという。

光沢あるダークブラウンカラーは、「ALPHA 2」がもともと持っていた知的なイメージに加え、モダンで活動的な印象をプラスしてくれるもの。フロントのモノグラムパッチやジッパーエンドにあしらったライトブラウンのカラーがクラシックなアクセントになっており、クラシック回帰の傾向の強い現代のスーツスタイルにもマッチする。なによりもネイビーと相性のいいブラウンは、スーツの着こなしにシックながら鮮烈なワンポイントとなること間違いなし。

日本と韓国のみで入手可能なALPHA 2のエスプレッソカラーは、ロングセラーの人気アイテム「エクスパンダブル・オーガナイザー・コンピューター・ブリーフ」、マルチに活躍する「スリム・ソリューションズ・バックパック」のほか、全4型の展開。2018年4月より日本全国のトゥミストアおよび、オンラインストアで発売開始予定だ。


トゥミ(TUMI)◎1975年創業の、ビジネスバッグ、キャリーケースを始めとするグローバルなライフスタイルブランド。同時に複数のバッグを片手で運ぶためのアド・ア・バッグシステムや、人の動きにショルダーストラップのパッドをフィットさせ、ずり落ちを防ぐ特許取得のショルダーストラップなど、探究心を持ちながら積極的なイノベーションへと取り組んでいる。

問い合わせ
トゥミ・カスタマーセンター
0120-006-267(携帯電話・PHSからは03-6434-9865)
www.tumi.co.jp

Promoted by TUMI edit by Tsuzumi Aoyama

あなたにおすすめ

合わせて読みたい