Close RECOMMEND

PICK UP

起業家眼科医がみる「医療とイノベーション」

Romaset / Shutterstock.com

亡きスティーブ・ジョブズの再来とさえ囁かされた女性起業家、エリザベス・ホームズ(34)が、3月14日、米証券取引委員会(SEC)から、およそ7億ドル(約742億円)を不正に調達したとする詐欺罪などで提訴された

一時は保有資産が10億ドルを超える「ビリオネア」にもなったホームズの錬金術は次の通りだ。

まず、彼女は19歳でスタンフォード大学を去って、「セラノス」を起業した。そして、「指先から採取した、たった一滴の血液だけで200種もの疾病を検査できる」と公表。これ以上ない華々しいデビューであり、医療界とIT業界に鮮烈な印象を与えた。

スティーブ・ジョブズを真似た、黒いタートルネック。「パーソナル血液検査が医療に革命を起こす」という触れ込み。雑誌の表紙を飾り、会社の評価額は実に90億ドル(9000億円超)を記録。瞬く間にシリコンバレーの寵児となった彼女を、メディアは夢物語のヒロインとして賞賛した。

私もアメリカで彼女のシンデレラストーリーを横目で見ながら驚いた一人だ。

私は日本で眼科医として活動している1997年、緑内障の原因遺伝子「ミオシリン」を発見し、その後は2000年にシアトルに移住してワシントン大学医学部で教鞭をとり、02年に起業家として、Acucela Inc.(現・窪田製薬ホールディングス)を立ち上げた。「失明から人々を救うこと」が、私たちの使命である。

医薬品・医療機器でイノベーションを起こすことをミッションとする私の立場から見ても、最初にメディアでエリザベス・ホームズを知ったときは、「すごい人がいるものだ」と思った。ただ、数々の一流ビジネス誌の表紙を飾ったりする一方で、医学誌などで技術に関する論文を一切見なかった。これには私だけではなく、同じような仕事をしている者たちも、違和感を感じていた。

その後、セラノスの検査結果が疑わしいことが報じられ、彼女はいくつもの訴訟を起こされた。こうして呆気なく転落し、SEC証券取引委員会よる調査の対象になった。捜査していたSECが、エリザベス・ホームズと、元社長のラメシュ・サニー・バルワ二を詐欺の容疑で告発。結果的に、両人はSECの課す制裁に同意して和解したという。


エリザベス・ホームズ(2015年9月撮影、Photo by Getty Images)

CEOのホームズは50万ドルの制裁金の支払い、上場企業の取締役ないし幹部への就任の10年間禁止などと、同社の支配権を解消することに同意した(本人はこのSECの告発に対して否定も肯定もしていないが、裁判より示談を選んだわけだ)。

文=窪田良

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい