閉じる

PICK UP

I write about tech stocks and the startup economy.

(Photo by David McNew/Getty Images)

投資会社の経営者であり、経営コンサルタントでもある筆者は昨年5月、当時1000ドル程度だったアマゾンの株価は2019年中に2000ドルに達すると予測した。そして、その考えは今でも同じだ。見方が変わらない理由は5つある(筆者はアマゾン株を所有していない)。

1. 世界一の最高経営責任者(CEO)

売上高が100億ドル(約1兆600億円)に達した後も20%以上の成長率を維持する企業には共通して、以下の4つの特性がある。そして、アマゾンのジェフ・ベゾスCEOはまさにこれらに該当する。

・創業した企業を公開会社とし、成長の維持を目指す
・消費者のニーズに応えることで、巨大な市場をリードする
・自身のビジョンとカリスマ性、実行力によって、世界で最も才能ある人材を引き付け、やる気を起こさせる
・成長機会への投資を継続する──失敗からは学習し、成功した部分はさらに拡大させる

2. 顧客価値に基づく文化を創造

アマゾンの職場環境が非常に厳しいことは、よく知られている(その過酷な労働文化については米紙ニューヨーク・タイムズが、2015年に報じている)。だが、労働者にとっては残念なことに、そうした職場環境はアマゾンに特有のものではない。ネットリックスやその他の成長著しい企業はいずれも同様だ。どの企業も勝つこと、そして勝ち続けることを目指しているからだ。

企業が勝ち続けるためには、自社の価値観と理念を極めて明確にしておかなければならない。そして、常に変化し続けるこれら2つの言葉が意味するところを測定可能な価値に変えるため、可能な限り何でもしようという気持ちを保つ必要がある。

アマゾンはその成長の過程で、企業にとっての成功と失敗の違いを明確にしてきた。その最近の例が、トイザらスの米国事業の清算発表だ。アマゾンは参入する全ての事業分野において、消費者に低価格の商品と迅速な配送、優れたサービスを提供することに最大限の努力をしてきた。

アマゾンのこうした努力は、測定可能な形に表れている。米国顧客満足度指数(オンライン小売部門)では過去18年間にわたり、トップを維持している。

編集=木内涼子

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい