Close RECOMMEND

I write about bringing life to work and bringing work to life.


さらに、次のことを心に留めておこう。

1. すべての管理職や会社があなたを雇うに値するわけではない。あなたの価値を理解できる人だけが、あなたを得るに値する。

2. 応募した企業に採用されなかったからといって、それが何かを意味するわけではない。あなた自身の評価を表すものではない。その仕事は全くあなた向きではなかったのかもしれない。さっさと忘れて次に進もう。

3. 自分の資格について不安になったら、時に不安で不確かな気持ちになることは誰にでもあることを思い出そう。

私は以前、ノーベル賞を受賞したある人物と一緒にパネルディスカッションに参加したことがある。本番前、皆で舞台裏に立っている時、彼は「自分が何か間抜けな発言をしないとよいのですが」と言った。他のパネリストらは笑いの渦に包まれた。「いえいえ、むしろ何かおかしな発言をしてくださいよ! そうすれば私たちは皆、気楽にやれます」

自分が良い印象を与えられるかは、誰もが時に心配するものだ。あなたは誰かに強い印象を残す必要はない。採用担当者に自分を印象付けようなどと思わなくてよい。

あなたの雰囲気を気に入れば素晴らしいことだし、そうでなくとも気にする必要はない。単に、あなたに合った人ではなかったというだけだ。

あなたの転職活動がうまくいきますように。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい