閉じる

PICK UP

I write about underreported tech stories out of China.

Nixx Photography / shutterstock.com

世界のモバイルゲーム市場が拡大するなかで、この分野でも中国の伸びが顕著だ。調査企業「NewZoo」のデータによると、世界のゲーム市場は2017年に1089億ドル(約11.5兆円)の売上を生み出した。その42%をモバイルが占めており、2020年にはモバイルの比率が50%を超えると予測されている。

2018年の中国のゲーム市場は299億ドル(約3.2兆円)に達すると見込まれ、その58%をモバイルが占めると予測される。その中でも特に勢いが増しているのが、テンセント運営の「WeChat」のゲームプラットフォームだ。

ここに目をつけたのがナイキだ。同社は300万ドル(約3.2億円)以上の費用を、昨年末から始まったWeChatの人気カジュアルゲーム「跳一跳(ジャンプを意味する)」に注いでいることが明らかになった。これは、四角形の台座から台座へキャラクターをタップ操作でジャンプさせ、飛び移らせていくだけのシンプルなゲーム。

跳一跳は暇つぶし系のゲームとして中国で圧倒的な人気を誇り、デイリーアクティブユーザー数(MAU)は1億人を超えている。ナイキは2ヶ月ほどの間に、このゲーム内に表示される広告に300万ドルを支払った。1億人のMAUに対し300万ドルということは、1インプレッションが0.03セントというわずかな金額だ。

しかし、跳一跳においてナイキが先駆者だったという訳ではない。ここでブランド広告を展開した最初の西側企業はマクドナルドだった。その他にも様々な西側の大手企業がゲーム内の広告に資金を投入し、中国の若い世代を惹きつけようとしている。

モバイルゲーム市場の拡大は続いており、そこでも中国の存在感は高まっていく一方だ。ゲーム内で数秒間表示されるだけの広告枠の価値は、今後も高まっていきそうだ。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい