Close

PICK UP

I write about the worlds of luxury watches, time and jewelry.

ニコール・キッドマン(Photo by Steve Granitz / WireImage)

米映画芸術科学アカデミーが3月4日に開催した第90回アカデミー賞授賞式では、素晴らしい衣装のほか、多数のジュエリーやウォッチが"披露"された。その総額は、およそ3000万ドル(約31億8000万円)程度と見られている。

ドレスアップした参加者たちの存在は、この授賞式の重要な一部だ。特に受賞候補とされる人たちは、授賞式の機会に最高の自分を見せたいと考える。そうなれば当然、頭の先からつま先まで、最高のものを身に着けたいということになる。

セレブリティたちは男女を問わず、レッドカーペットのために非常に厳しい目で品定めをする。そのため彼らが身に付けるジュエリーやウォッチは、数百万ドルという金額にもなるのだろう。

IWC

スイスの高級時計ブランドIWCシャフハウゼンにとっても、授賞式は特別な日だ。十人近いセレブたちが、同社製の時計を身に付けて姿を現した。「シェイプ・オブ・ウォーター」で助演男優賞にノミネートされていたリチャード・ジェンキンスは、9900ドルの「ポートフィノ・ハンドワインド・エイトデイズ」を着用。「フロリダ・プロジェクト」で同じ賞の候補に挙がっていたウィレム・デフォーは、1万2700ドルの「ダ・ヴィンチ・クロノグラフ"スポーツ・フォー・グッド"」を選んだ。


シャロン・R・フレドリック(左)とリチャード・ジェンキンス(右)(Photo by Kevork Djansezian/Getty Images)

ハリー・ウィンストン

ハリー・ウィンストンのジュエリーを選んだ参加者も多かった。プレゼンターとして登場した女優ニコール・キッドマンは、23.52カラットの「クラスター・ダイヤモンド・シャンデリア・イヤリング」のほか、37.62カラットのプラチナとダイヤモンドのブレスレット「シークレット・クラスター」、リングなどを使用。選んだジュエリーを全て合わせると、ダイヤモンドは84カラットを超えた。

ブルガリ

複数のセレブが、イタリアの高級ジュエリーブランド、ブルガリのアクセサリーを選んだ。毎年「エルトン・ジョン・エイズ基金アカデミー賞鑑賞パーティー」を開催しているエルトン・ジョンは、プラチナケースのウォッチ「オクトフィニッシモ」のほか、1969年に製作されたゴールドにサファイアとルビー、エメラルド、ダイヤモンドをあしらったブローチ、ホワイトゴールドにサファイアとダイヤモンドの「目」をあしらったスネークモチーフの「セルペンティ」2つを身に着けていた。

プレゼンターを務めたゼンデイヤは、アールデコ調のプラチナとダイヤモンドのイヤリング、プラチナのブレスレット3本、ダイヤモンドのリング2つを着用した。


ゼンデイヤ(Photo by Frazer Harrison / Getty Images)

ピアジェ

スイスの高級時計・宝飾ブランド、ピアジェもまた、多くの参加者たちに選ばれた。プレゼンターのジェニファー・ガーナーは、ブルーサファイヤとホワイトゴールド×ダイヤモンドを使った「サニーサイド・オブ・ライフ」のイヤリングとリングを着用。同じくプレゼンターとして登場した俳優のオスカー・アイザックとトム・ホランドはそれぞれ、ピアジェのウォッチ、「ポロS 」と「アルティプラノ スケルトン」を選んだ。


ジェニファー・ガーナー(Rick Rowell via Getty Images)

ティファニー


アールデコスタイルのティファニーのジュエリーやウォッチを選んだセレブも複数いた。「レディ・バード」で監督賞、脚本賞にノミネートされたグレタ・ガーウィグは、ルイス・コンフォート・ティファニーがデザイン、1910年に製作されたムーンストーンを使ったビンテージのネックレスを着用した。

モンブラン

「ゲット・アウト」で監督賞と脚本賞の候補に挙がったダン・ピールと、同作で主演男優賞候補となっていたダニエル・カルーヤは、その他の多くの男性参加者らと同様、モンブランのカフリンクとウォッチを使用。ピールが身に付けたのは、「スター クラシック デイト オートマティック」だった。

ジャガー・ルクルト

「君の名前で僕を読んで(Call Me By Your Name)」主演男優賞にノミネートされていたティモシー・シャラメは、ジャガー・ルクルトのウォッチ、1万9100ドルの 「レベルソ・トリビュート・デュオ 18Kピンクゴールド」を選んだ。

編集=木内涼子

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい