応募 閉じる

PICK UP

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

アマゾン、ジェフ・ベゾスCEO(Photo by J. Merritt/Getty Images)

フォーブスは6日、今年で32回目となる世界長者番付を発表した。今年はアマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)がマイクロソフト創業者のビル・ゲイツを抜き初の首位に輝いたほか、保有資産額10億ドル(約1060億円)以上で番付入りした「ビリオネア」は過去最多の2208人に上った。

ベゾスの保有資産額は1120億ドル(約11兆9000億円)で、1年間の増加幅は392億ドル(約4兆1600億円)と番付史上最大を記録した。一方、過去24年間で18回にわたり世界一の富豪の座についていたビル・ゲイツの保有資産額は、昨年の860億ドルから900億ドル(約9兆6000億円)へと増加。1位と2位の総資産額の差は2001年以降で最大となった。

昨年2位だった著名投資家のウォーレン・バフェットは今年、総資産額を756億ドルから840億ドル(約8兆9000億円)へと増やしたものの、3位に後退した。一方、仏高級ブランド「LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン・グループ」のベルナール・アルノー会長兼CEOは昨年から7つ順位を上げて4位に躍進。保有資産額は昨年比305億ドル増の720億ドル(約7兆6000億円)となり、6年ぶりに欧州一の富豪に返り咲いた。

5位に入ったのは、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOで、保有資産額は710億ドル(約7兆5000億円)だった。ファッションチェーン「ZARA」で知られるスペイン衣料品小売大手インディテックスを創業したアマンシオ・オルテガは6位となり、2011年以降初めてトップ5入りを逃した。オルテガの保有資産額は昨年比13億ドル減の700億ドル(約7兆4000億円)となっている。

ドナルド・トランプ米大統領の保有資産額は31億ドル(約3300億円)で、番付の順位は昨年の544位から766位へと後退。トランプの資産は、マンハッタンの不動産価格下落や、所有するゴルフ施設の売上高減少などにより、昨年から4億ドル(約420億円)減った。

今年番付入りを果たした女性の数は256人で、昨年の227人から増加。これには、夫や兄弟、息子と資産を共有する13人が含まれる。自力で富を築いた「たたき上げ女性ビリオネア」は昨年の56人から大幅に増え、史上最多の72人となった。

番付に初登場したビリオネアの数は、昨年の195人から259人に増加。新参者の出身国で最も多かったのが中国(89人)で、以下は米国(45人)、インド(18人)、ドイツ(13人)が続いた。今年の新顔には史上初の「仮想通貨長者」となったリップル共同創業者のクリス・ラーセンやイーサリアム共同創始者のジョセフ・ルービンが含まれる。

国・地域別のビリオネア数は、上から順に米国の585人、中華圏(中国本土、香港、マカオ、台湾)の476人、ドイツの123人、インドの119人、ロシアの102人となった。日本からは35人が入っている。

翻訳・編集=遠藤宗生 写真=Getty Images

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい