Close RECOMMEND

PICK UP

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

ケリー・ピーラー 社会起業家、「NextGenVest」創設者

「Z世代」とは、1990年代半ば~2000年代に生まれた世代を指す。彼らはもうすぐ大学を卒業し、社会に出る年代だ。

しかし現在、米国の大学生が抱える平均ローン額は、3万7000ドル(約400万円)。約30%もの学生がローンによる理由で退学しているという。「世界を変えたいと思っていても、3万7000ドルの借金を抱えたまま情熱を保ち続けるのは難しい」と、ハーバード大学で金融危機の歴史を学んだケリー・ピーラー(29)はいう。

彼女が2014年に創設した「NextGenVest」は、高校生、大学生に無料で週7日24時間対応のファイナンシャル・アドバイスサービスを提供する。

米国全体での学生ローンの総額は1.4兆ドル(約150兆円)という巨額な数字だ。

2008年の金融危機の直後、大学を卒業しJPモルガン・チェースで働いていた彼女は「恐らく人生で初めて金融システムに参加するZ世代の約7000万人が、いかに学生ローン市場のダイナミズムに巻き込まれていくかが分かりました。次の金融危機は学生ローンが発端になる可能性は大きいと思っています」と語る。


ケリー・ピーラー◎ハーバード大学を卒業後、10年よりJPモルガン・チェースでアナリスト、インベスターとして勤務。同時に、イラクで起業家を育てる非営利団体「BusinessAcross Borders」を運営していた。13年カウフマン財団のグローバル・スカラーシップ。14年に「NextGenVest」を創設。18年Forbes 30 Under 30 に選ばれる。

文=フォーブス ジャパン編集部 写真=ジャメル・トッピン

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい