Close

PICK UP

I write about Uber, the sharing economy and startups.

(Photo by studioEAST/Getty Images)

2月21日、ウーバーは従来よりも安価な料金で乗車できる「ExpressPool」と呼ばれるコースを発表した。ExpressPoolではウーバーのドライバーが居る位置まで、乗客が数百メートル程度を歩いて移動する必要があるが、これにより料金を安くできる。

ExpressPoolを使うと、最も一般的な「UberX」よりも最大で75%安く乗車できるという。このプランの導入は長年ドア・ツー・ドアのサービスを売りとしてきたウーバーにとって根本的な変化だ。都市部では一方通行の道路も多く、ユーザーが少し歩くだけで乗車ルートを大幅に効率化できる。ExpressPoolの利用時には、目的地についてからも少し歩く必要がある。

ExpressPoolで配車を依頼した場合、アプリの地図上に、まず想定される乗車エリアが表示される。その後、2分以内にアルゴリズムが最適な乗車ポイントを地図上に指定し、乗客はそこまで歩く仕組みだ。また、降車の際も目的地から半径2ブロックのエリアで車を降りて歩くことになる。

ExpressPoolが生まれた背景には、乗り合いサービスの「UberPool」がある。UberPoolは同じ方向に向かう複数の乗客を運ぶサービスで、注文の確定から数秒間で、最適なルートを組み合わせてドライバーを向かわせる。しかし、ルートに混乱が生じることも度々で、乗客を拾うためにドライバーが後戻りをしなければならない状況も起こっていた。

今回のExpressPoolでは2分間というより長い時間をかけて、最適なルートを導き出すのが特徴といえる。ウーバーは将来的には乗り合いサービスのUberPoolにも、ユーザーを歩かせる仕組みを導入し、輸送ルートの効率化を図りたい考えだという。

「優れたマッチングテクノロジーを投入し、ユーザーの協力を求めることにより、効率的な輸送と低価格が実現できる。それと同時にサービスの信頼性を高めクオリティの高い乗車体験が提供できるようになる」とウーバーの広報担当者は話した。

ウーバーは昨年の11月からExpressPoolのパイロットプログラムをサンフランシスコとボストンで開始していた。ウーバーは今後の数ヶ月間でExpressPoolを全米に拡大していく予定だ。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい