閉じる

PICK UP

I help people advocate for themselves and leverage opportunities.

ASDF_MEDIA / shutterstock.com

キャリアにおける目標達成のチャンスを拡大するためには、計画が必要だ。自分が望むものは何なのか、それを手に入れることを助けてくれるものは何なのかについて、戦略的に考えなくてはならない。

戦略家が自らを成功に向けて位置づけるために行っているのは、次の6つのことだ。

1. 望むものを明確にする

キャリアにおいて自分が望むものは何なのか、考えてみよう。さまざまなことに思いを巡らせ、あらゆる可能性について自由に考えてみるのだ。この段階では、確実性ではなく可能性について考えること。自分で自分の思考を遮ってはいけない。

2. 状況を理解する

周囲と関わりを持たない状態で、目標を達成することは不可能だ。周囲の状況が自分の目標にどのような影響を及ぼし得るか、理解する必要がある。戦略的な思考を持つ人たちは目標を定めるとき、その目標を取り巻く状況についても把握しようとする。

例えば、あなたが昔からある人気ブランドで働きたいと考えていたとする。だが、もしそのブランドの製品が人工知能(AI)技術によって時代遅れになろうとしているなら、あなたは時間を無駄にしようとしているのかもしれない。

成功している人たちは、異なる分野で働く人たちと話すことや最新のニュースを知っておくことによって、自分を取り巻く世界を理解するための努力をしている。

3. 他者にとっての価値を知る

自分が何を望んでいるのか、その望むものが現在のトレンドに合ったものであるかどうかが明確になったら、もう一歩前に進んでみよう。他の人たちが望むものが何であるかを知るために、他人の立場で物事を考えてみるのだ。

ある分野に参入する企業が多いかどうかについて考えてみるのも、他の人たちが求めているものを知る方法だ。あなたが取り組みたいことは、他の多くの人たちが求めるものに新たな価値を与えるだろうか?

4. 小さな一歩を踏む

目標を定めたら、次はその達成に向けて踏んでいくべき段階を明確にしよう。自分の能力を超えた行動を取ろうとしないこと。最終的な目標の達成につながる毎日、毎週、毎月の小さな目標を立てるといいだろう。戦略とは、長期的な展望と短期的に踏んでいく段階を組み合わせて考えるものだ。

5. 目標を明確に記す

目標を目でみることができれば、実現の可能性は高まる。信じられるのは、目に見えるものだからだ。目標について、測定基準を設けてみるのもいいだろう。ソーシャルメディアの使い方に関する自分のスキルを示したいなら、1週間、1か月ごとのインプレッションやプロフィールへのビジター数などを記録しておくのも一つの方法だ。

6. 自分に責任を課す

自分の目標を誰かに教えることが、自分自身に(その達成に向けての)責任を負わせることになるなら、人に話すのがいいだろう。ただ、もともと実現させる気がないなら、目標達成は難しい。やる気は外部から受け取るものではなく、自分自身の内側から生まれ出るものだ。

目標達成に向けたステップを踏んでいないなら、自分が望んでいるのは何かについて再検討し、改めて目標を設定する必要がある。目指していたのは、全く別のものだったかもしれない。戦略的であるためには、評価と再評価が必要だ。望まないものを明確にするための時間も、費やすだけの価値がある。

編集=木内涼子

あなたにおすすめ

合わせて読みたい