I write about the innovations affecting the world of work.


例えば、ウーバーを始めた運転手が6か月以内に辞める確率は、男性よりも女性の方がはるかに高いと考えられる。これは現在の導入プロセスが女性に合っていないことを示しており、改善に向けた明白なスタート地点になるだろう。

ギグ・エコノミーの多くのシステムと同じく、こうしたトレーニングの多くは労働者自身の努力にゆだねられている。これは非常に厳しい環境であり、統計によると、女性運転手の76%はウーバーの運転手になってから半年の間に辞めている。

最近英国で行われた裁判では、ウーバーの運転手は請負業者ではなく、従業員だと分類されるべきという判決が下された。これこそ、同社に運転手のトレーニングと支援に投資するよう促すための、適切な最初の一歩となるのではないか。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい