Close

【会員10万人突破記念】
500名様にギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about consumer tech such as smartphones and gaming in Asia

Peter Stein / shutterstock.com

中国のスマホケースのメーカーから、ファーウェイの新端末「P20」の外観が分かる画像がリークされた。そこには以前から噂されていた通りの、背面のトリプルカメラや前面のノッチ(画面の切り欠け)が映っていた。

この画像はまずリーク情報サイトの「Slash Leaks」が掲載した。P20の最上位機種とされるデバイスのフロント部分には、iPhone Xと酷似したノッチが存在し、背面には3つのカメラが搭載されている。

ノッチ部分に搭載されるセンサーは、ファーウェイが“Point Cloud Depth Camera”と呼ぶ独自開発のセンサーだとされている。このセンサーはアップルの“TrueDepth Camera”と同じ仕組みで、ユーザーの顔を3Dマップ認識し、iPhone Xのアニ文字に類似した機能を持つ。

今回の画像のリーク元の「Lenuo」はP20の別バージョンの画像もリークさせており、その端末にはノッチが無く、一般的なアンドロイド端末のように見える。

もう一つの信頼できる情報筋のRoland Quandtは1月28日のツイッターの投稿で、ファーウェイの新モデルは3モデルあり、「P20 Plus」と「P20」、さらに「P20 Lite」が発売されると述べていた。今回のノッチがある端末はP20 Plusのものと思われる。

また、情報サイト「XDA」はP20がアンドロイドの最新版の8.1を搭載すると報じており、ファーウェイがグーグルと緊密な連携を取りつつ、この端末の製造に取り組んでいることが伺える。皮肉なことに中国ではグーグルのアプリストアの利用は禁止されている。

筆者が以前伝えたように、ファーウェイは2月末にバルセロナで開催される「モバイルワールドコングレス(MWC)」ではこの端末を発表せず、P20シリーズのお披露目はパリで3月27日に開催のイベントになる見込みだ。

米国のメディアはこの端末の外観を見て「ファーウェイがiPhone Xのノッチをパクった」とからかうだろうが、それは仕方ないかもしれない。ただし、過去にはアップルがファーウェイをパクったことも思い出してほしい。ファーウェイのP9はiPhone 7 Plusに数か月先行する形で、ぼかし撮影が可能なデュアルカメラを搭載していた。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい