閉じる

I write about bringing life to work and bringing work to life.

ra2studio / Shutterstock.com

新年を迎え、皆さんは職場や色々な場面で、今年は何を変えたいか考えていることだろう。もし部下を持つ立場にあるなら「今年はどうしたら去年より良い上司になれるか」を考える良い機会だ。

部下の立場に立って考えてみよう。部下はあなたに今年、どんなことを改善してほしいと言うだろうか? 以下に、部下をいら立たせる上司の言動を10つ挙げる。

1. 部下に仕事を任せたことを忘れ、他の人に同じ仕事を頼む

こんな間違いをされては、いら立たしさも倍増だ。始めに頼まれた部下の時間と労力が無駄になるばかりか、頼み事を忘れることで、部下に「君のことはどうでもいい」というメッセージが伝わってしまう。

メモをしなければ部下それぞれに何を伝えたか覚えられないのなら、しっかりメモをとること。万一こんな失敗をした場合は、きちんと謝り、二度と同じ過ちを繰り返さないような方法を考えること。

2. 人前で部下を批判する

これは、上司が行う最もひどい行為の一つだ。上司は「ジョアンの問題について、サリーにも知らせる必要があった。サリーには、ジョアンが経理システムについて学ぶのを助けてもらう必要があるから」などと言うかもしれないが、そんなのはばかげている。もしサリーにジョアンを補助してほしいなら、単にそう頼めばいい。ジョアンの欠点とされるものを声高に言いふらす必要はない。

3. 部下の努力を無視し、ささいなミスを指摘する

自分の部署を苦境から救うために部下を3日連続で遅くまで働かせておいて、翌日の発表資料のスライドの順番が間違っていたことに目くじらを立てないこと。部下のミスで恥をかかされたとしても、それは自分が部下に過度の要求をしていたということ。部下のミスではなく、自分のミスだ。

4. 部下に必要な情報を与えない

部下は全体像を知らない方がよいと考える上司もいるが、ほとんどの部下はその考えに同意しないだろう。もし不必要な情報ばかりで困る場合は、部下の方から上司にそう伝えればよい。もし部下が全体像(プロジェクトが重要な理由、他に誰が関わっているかなど)を知りたがっているなら、十分に情報を伝えること。

5. 高尚な言葉が口先だけで終わる

チームワーク、ビジョン、コラボレーション、新たなアイデアといった崇高なことを口にしたと思えば、週の終わりには、週間目標や数字に怖気づき、崇高な言葉はすべてどこかへ消えてしまう

新しいことへの取り組みはもちろん、短期的には数字に悪影響をもたらすが、上司がそれを支援しない限り、従業員はイノベーションやコラボレーション、現状の「破壊」などを実現できない。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい