Close

PICK UP

I look at the impact of mobile technology and online media.

smild.ch / Shutterstock.com

サムスンが今年リリースする「Galaxy S9」と「S9 Plus」は昨年のS8シリーズと外見は全く同じものになりそうだ。しかし、その内部のテクノロジーは大幅に刷新されるらしい。

サムスンが公開したスマホ向けイメージセンサー「ISOCELL」のウェブページによると、新しい3層イメージセンサーを用いて、いくつかの新機能が実現される。画像データのエクスポートの速度が格段に上がることで秒間480フレーム、1080p HDの解像度でのスーパースローモーション撮影が可能になる。理論上は720pで秒間960フレームも可能だ。

問題はこのスーパースローモーションがすべてのS9に搭載されるのかどうかということだ。Exynos採用モデルのみに限定され、SnapDragon採用の米国向けモデルには搭載されないかもしれない。サムスンは他にもオートフォーカス機能の反応の速さを高めたという。

Galaxy S9のバッテリー容量はS8やS7と同じになる見込みだが、サムスンはカメラの画質の面などで他社に対するアドバンテージを明確に示してくるようだ。

S9 Plusにはデュアルレンズカメラが搭載される可能性もあり、過去のモデルと比べて大きく進化するかもしれない。いずれにせよS9シリーズには速さと反応の良さを改善するための新たなテクノロジーが、多数盛り込まれることは間違いないようだ。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい