Close

【会員10万人突破記念】
500名様にギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

国際モータージャーナリスト「ライオンのひと吠え」

イラスト:Steve R. Neill

あのスープラがついに復活する。

映画「ワイルド・スピード」シリーズでフィーチャーされたクールなスタイルで、かつてはポルシェ911よりも速く、しかも価格はその半分という名車が、16年という時を経てよみがえる。さらに今回は、トヨタとBMWの共同開発だ。待ちに待ったトヨタ・スープラの再登場、そしてBMWの新Z4となれば、「スポーツカーにはまるで興味がない」という人でさえ無視することはできまい。

1978年にセリカをベースとして初代が誕生したスープラは、2002年に4世代目の生産が終了するまでに、全世界で人気を博すグランツーリスモ、フォルツァ・モータースポーツ、ニード・フォー・スピード、ミッドナイト・クラブなどのドライビング・ゲーム上でも熱狂的なファンを持つスポーツカーとして、その名が轟いていた。また、「ワイルド・スピード」をはじめ、ス−プラが登場している映画8本のの興行収益は、50億ドルと言われる。

スープラと聞いてほとんどの読者が思い浮かべるのは、おそらく4代目だと思う。それは、伝説的なスポーツカー、トヨタ2000GTのデザインをヒントに280psを発揮するツインターボ付き直6スポーツカーで、数々のレースにも参戦して圧倒的な存在感を放っていた。

2002年の生産終了から、復活の噂は常にくすぶり、2013年にトヨタとBMWが共同開発を発表してからは、さらに高性能を備えて生まれ変わるのではないかとの期待が高まっていた。しかし、このジョイント・ベンチャーについて、昨年2017年の半ばまで両社とも不思議な沈黙を守ってきた。

復活なるのか、ならないのか。ファンをもどかしがらせた時代も、新スープラが登場すれば終わりになる。いや、新時代の幕開けというべきだろう。


2014年に発表されたトヨタFTー1コンセプト

その待望の車がついに、おそらくレーシング仕様タイプで、今年3月6日、ジュネーブ・モーターショーで発表されることになる。デザインとプロポーションに関しては、この新生スープラに、2014年のデトロイト・モーターショーに登場したFT-1コンセプトからのデザイン要素を見逃すことはできない。なんと言っても、トヨタで最高のヒーローカーは、それにふさわしいスターとしてルックスと、ライバルに負けない性能を備えていなくてはならない。

その点、この新生スープラは、FT-1コンセプトとほとんど同じプロポーションで、ヘッドライトとダブル・バブル・ルーフのデザインは継承されるが、コンセプトのボンネットに色濃く漂ったフォーミュラ1的な印象は控えめになり、(その代わり)大きなエアダムが施される。

文=ピーター・ライオン

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい