閉じる

PICK UP

I write about film and television

Sergey Nivens / shutterstock.com

フォーブスは1月22日、欧州で活躍する30歳未満の起業家やイノベーター、リーダーら300組を選ぶ「欧州の30アンダー30」リストを発表した。同地域に限定したリストを発表するのは、今年で3回目となる。

対象としたのは、アート・カルチャー、エンターテインメント、製造、テクノロジー、金融、メディア・マーケティング、法・政策、小売・eコマース、科学・ヘルスケア、社会起業家の10分野。

このうち小売・eコマース分野で選出された30組のうちの1人は、わずか15歳でスキンケア・ブランド「トロピック・スキンケア」を立ち上げたスージー・マー(29)だ。

早熟な起業家がビジネスを始めた動機は、家計を支える母親を助けること、そして母親に大きな、すてきな家を買ってあげることだった。

200ポンド(約3 万円)そこそこのお金、ジャムを入れる瓶、シーソルトとエッセンシャルオイルをそろえたマーはいくつかの瓶に入れたボディスクラブを完成させ、売り出したその日に980ポンドを稼いだ。

それから14年後、ロンドンに拠点を置くトロピック・スキンケアは英国で最も急速に成長する企業の1社となっている。顧客数は300万人を超え、2017年の売上高は、およそ2000万ポンドに上った。もちろん、マーは母親が夢見ていたような家も、すでに購入した。

小売部門は13か国から選出

小売・eコマース分野ではマーのほか、13か国の若手30組が選出された。テクノロジーと創造性、そして情熱で、欧州における買い物の在り方を変化させている。

選出された若者のうち、最も多くを占めたのは英国出身の起業家だった(8人)。次いで多かったのがフランス(5人)、ドイツ(4人)。そのほかデンマーク、フィンランド、アイルランドなどの各国の若者たちが選出された。また、女性が16人、男性が18人となっている(共同創業者4組を含む)。

編集=木内涼子

あなたにおすすめ

合わせて読みたい