Close

【会員10万人突破記念】
500名様にギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I cover securities markets, namely stocks and cryptocurrencies.

pedrosek / shutterstock.com

仮想通貨リップルのトークン「XRP」の価格は1月22日下落した。下げ幅は他の仮想通貨を大きく上回っている。

XRPの価格は1月22日の14時(現地時間)時点で約1.17ドルで、CoinMarketCapのデータでは当日の最高値の1.43ドルからほぼ18%の下落となった。一時的に価格は1.212ドルまで上昇する場面もあったが、それでも他の上位10の仮想通貨よりも大きな下げ幅となっている。

仮想通貨全体の時価総額はCoinMarketCapの指標では22日、当日の最高値からほぼ13%の下落となっている。アナリストらはこの背景には、投資家たちの弱気な姿勢があると指摘している。仮想通貨のヘッジファンド「BitBull Capital」CEOのJoe DiPasqualeはトレーダーのセンチメントを次のように分析する。

「先週の相場の急落を受けて、投資家らは利益確定に乗りだしている。相場が完全に底を打つ手前で資金を引き上げようと考える人も多い」

一方で「Noble Alternative Investments」のCEOのCharles Thorngrenも同様な見方を示した。「株式市場は引き続き上昇局面にある一方で、米国政府のシャットダウンが起こり、投資分野では不確定要素が高まっている。投資家たちは先行きの見えない仮想通貨を避け、これまで慣れ親しんだオプションに投資しようとしている」

仮想通貨のデータプロバイダー「CryptoCompare」のCEOのCharles Hayterは、仮想通貨のトレーダーらの気まぐれな性質が、市場を乱高下させる要因になっていると述べた。

アナリストによると、リップルの価値が他の仮想通貨以上に下落している背景には、リップルに特有の事情があるという。「リップルの価値は2017年に急騰したが、現在はその後の均衡点を見つけ出そうとしている状態だ」とDiPasqualeは述べた。

「XRPはリップルのプラットフォームにおいて、果たしてどれほどの価値を持つことになるのかが、依然として見えていない。多くの人がこのコインがごくわずかの価値しか持たなかった頃からXRPを保有しているが、我々はもう一度、このコインが上昇した背景にあったものを思い出さなければならない」

Noble Alternative Investmentsの社長のCollin Plumeも、市場がXRPの価値を決めあぐねている現状を語った。

「リップルの価格は1月4日にコインベースが、同社が運営する仮想通貨取引所『GDAX』での取引開始の噂を否定したことを契機に下落し、そこからまだ立ち直れていない。一方でリップルは11日に米決済サービス大手の『マネーグラム』と提携をアナウンスしたが、現状ではまだ試験段階にあり、提携の効果がはっきりするまではリップルの価値は引き続き不安点な状態が続くだろう」

情報開示:筆者はビットコイン及びビットコインキャッシュ、イーサリアムを保有している。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい