Close

【会員10万人突破記念】
500名様にギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about bringing life to work and bringing work to life.

Roman Samborskyi / shutterstock.com

職種にかかわらず、上司というのは仕事で最も重要な人間だ。部下は上司を信頼し、尊敬しなければならない。そうでなければ、薄氷を踏むことになる。

職場でもどこでも、“恐れ”は強い動機となる。もしあなたの会社の上司が恐れを抱いている人だった場合、必要と感じたらすぐにあなたを犠牲にするだろう。たとえば、自分のミスを認めたくがないために、あなたを犠牲にするのだ。

現状に満足している上司は自分の部下を擁護するだろうが、臆病者の上司は他人を擁護せず、自分自身さえもかばえないだろう。

上司は、あなたの給与額だけでなく、仕事のスケジュール、関わるプロジェクト、昇進、仕事全般に大きな影響力を持つ。上司が自分の側に立ってくれないような場合、あなたは仕事でいくら頑張っても成長できず、昇進も見込めないだろう。

従って、上司があなたの味方かどうか、信頼できる人間なのか、それともあなたをすぐに裏切る小心者かを見極める必要がある。

幸運にも、上司の人となりを見極めるのは難しくない。ただ上司の発言に注意を払えばよいのだ。特に、深く考えることなく不用意に発した言葉に注目しよう。上司が本人のいない時に別の従業員の悪口を言う場合、上司は間違いなく別の場所であなたの陰口をたたいている。

以下は、恐怖に支配される上司が発する5つの言葉だ。あなたの会社の上司がこれらを口にしたら、転職を考える時期かもしれない。

1. 「この規則は私が作ったわけではない。私はただ従っているだけ」

「私が規則を作ったわけでは…」と言う上司は、自分自身の恐れを露呈している。ただルールを遵守するだけが上司ではない。ルールを守ることに判断力や管理職の権限は必要ない。管理職には、チームを率いて部署を運営することが期待されており、それには必要に応じてチームメンバーを擁護することも含まれる。

もしも上司が「ルールを作るのは私ではない。私の支援は期待するな。私は自分の政治資本は自分のために使うのだ!」と明言したりほのめかしたりするタイプの人間だった場合、すぐに履歴書更新に着手した方がよい。

編集=遠藤宗生

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい