Close

PICK UP

I write about the Chinese, Indian and American movie industries.

ウォルト・ディズニー・カンパニーのボブ・アイガーCEO(Drew Angerer/Getty Images)

ウォルト・ディズニーが1月12日に提出した株主向け資料から、同社CEOのボブ・アイガーの昨年の報酬が、前年度から17%(740万ドル相当)減少し3630万ドル(約40億円)になったことが分かった。

アイガーはフォーブスの2016年の米国のCEOの年収ランキングで、4位に入っていた。現在66歳のアイガーは2005年にウォルト・ディズニーのCEOに就任し、その功績から1966年にウォルト・ディズニーが死去して以来、同社の最も重要なCEOとみなされている。

アイガーの報酬は2014年に4650万ドルだったが、それ以来は毎年減少しており、2015年には4490万ドル、2016年には4390万ドルだった。

アイガーの基本給は250万ドルに固定されており、減額の主要な要因は報酬として受け取る株式の価値とボーナス額の変動にある。株以外の手当ては2016年の2000万ドルから、2017年には1520万ドルに減少した。

また、公開資料から同社CFOのChristine McCarthyの報酬も、2016年の1020万ドルから2017年には895万ドルに減少したことも明らかになっている。他の役員らの報酬も軒並み減額となっている。

ディズニーは昨年12月、ルパート・マードック率いる「21世紀フォックス」から映画やテレビなどのコンテンツ部門の大半を524億ドル(約5.9兆円)で買い取ると発表した。アイガーの報酬はこの買収がSECの承認を受けて完了後には、再び増加すると見込まれる。

アイガーは今年、退任を予定していたが今月に入り2年間の契約延長を発表。これにより彼は1億ドル分の株式報酬を受け取ることになっている。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい