Close

【会員10万人突破記念】
500名様にギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

Data journalist covering technological, societal and media topics

Jag_cz / shutterstock.com

バルト海に面したラトビア共和国までの往復で遅延なく移動することを願うなら、同国の国営航空会社、エア・バルティックを選ぶのがよさそうだ。

英航空調査会社OAGによると、2017年に世界で最も遅延のない運航を実現したのは、エア・バルティックだった。航空各社の定時運航率(オンタイムパフォーマンス、OTP)に関するOAGの調査で、同社が1位となるのは4年連続。

ラトビアの首都リガを拠点とするエア・バルティックは、リガと世界各国の60以上の都市を結ぶ便を就航。昨年は就航する全ての便のうち、90%が予定通りに到着した。OAGはOTPについて、「離発着の予定時刻と実際に離発着した時刻のずれが15分未満だった便が占める割合」と定義している。

昨年のOTPで2位となったのは、香港航空(88.83%)。就航地を増やしている同社は現在、世界の30都市以上を結ぶネットワークを築いている。2016年のOTPは74.46%だったことから、大幅な改善を実現したことになる。

3位はハワイアン航空(87.24%)だった。OTPで上位20社に入る米国の航空会社は、同社のほか16位のデルタ航空(82.95%)のみとなっている。

2017年のOTP上位10社は、以下のとおり。

1. エア・バルティック/ラトビア:90.01%
2. 香港航空/香港:88.83%
3. ハワイアン航空/米国:87.24%
4. コパ航空/パナマ:86.39%
5. カンタス航空/オーストラリア:86.18%
6. 日本航空/日本:85.27%
7. ブエリング航空/スペイン:85.25%
8. ジェットスター・アジア航空/シンガポール:85.08%
9. スカイマーク/日本:85.00%
10. エアリンガス/アイルランド:84.46%

編集=木内涼子

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい