Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

テクノからチャート、その他の音楽業界に関する執筆を担当。

Photo by Krafft Angerer/Getty Images

レコード盤の人気がかつてないほど高まり、最近のアーティストもレコードを発売して大々的に宣伝している昨今だが、売上ランキングを占めているのは依然としてレジェンドと呼ばれる往年の人気アーティストたちだ。

2017年のレコード盤売上ランキングでは、ビートルズが1位と2位を獲得した。1位は「サージェント・ペパーズ・ロンリー・クラブ・ハーツ・バンド」で7万2000枚を売り上げた。レコード盤だけの売上としては数十年ぶりの数字だと言える。

「サージェント・ペパーズ」は2017年にリマスター版が発売され、イギリスで1位に、アメリカではトップ5位に入った。2位は6万6000枚売れた「アビイ・ロード」だった。

レコード盤売上トップ10のうち2017年に発売されたのは、エド・シーランの「÷(ディバイド)」だけで、ニールセンによると昨年約6万2000枚がレコードで売れて4位に入った。サウンドトラック「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:オーサム・ミックス Vol.1」も約6万2000枚の売上だったが、売上枚数はシーランのアルバムよりもわずかに多く、3位に入った。

トップ10の中には他に、ピンク・フロイドやプリンス、ボブ・マーリー、マイケル・ジャクソンのアルバムなど、数十年前に発売された名盤が数多く並んだ。2017年にアメリカで最も売れたレコード盤トップ10は以下の通り。

1. ザ・ビートルズ「サージェント・ペパーズ・ロンリー・クラブ・ハーツ・バンド」:7万2000枚
2. ザ・ビートルズ「アビイ・ロード」:6万6000枚
3. サウンドトラック「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:オーサム・ミックス Vol.1 」:6万2000枚
4. エド・シーラン「÷(ディバイド)」:6万2000枚
5. エイミー・ワインハウス「バック・トゥ・ブラック」:5万8000枚
6. プリンス「パープル・レイン」:5万8000枚
7. ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ「レジェンド」:5万6000枚
8. ピンク・フロイド「狂気」:5万4000枚
9. サウンドトラック「ラ・ラ・ランド」:4万9000枚
10. マイケル・ジャクソン「スリラー」:4万9000枚

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい