閉じる

PICK UP

I write about the Chinese, Indian and American movie industries.

(Photo by Mark Mainz/Getty Images)

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」が米映画レビューサイト「ロッテン・トマト」で予想外の観客評価を受け、業界を騒然とさせている。

英語のレビューサイトとして最大級の知名度を誇る「ロッテン・トマト」は、一本の映画に対し、マスメディアに掲載された批評家によるレビューと、ユーザーが投稿する観客レビューをそれぞれ集計し、肯定的なレビューの割合を作品の点数として表示するサイトだ。12月25日現在、「最後のジェダイ」は批評家スコアが92%であるのに対し、観客スコアは52%と大差が生じている。

「最後のジェダイ」は、調査会社「シネマスコア」による観客満足度アンケートではAをマークし、その他の観客の反応を示すサイトでも賞賛の声が目立つ。それがなぜ、「ロッテン・トマト」でこれほど凡庸な評価なのか。

「ロッテン・トマト」の広報担当で、運営会社Fandangoのコミュニケーション部長のダナ・ベンソンは、同サイトの観客スコアは正当な数字であると主張する。

「セキュリティ、ネットワーク、データベースそれぞれの専門家チームが常時レビューや点数をモニターしているが、『最後のジェダイ』に関して特に変わった動きはない。ユーザーレビューの投稿数は多いものの、他の超大作も同じような傾向がある」

確かに「スター・ウォーズ」シリーズのような注目作は、観客によるネットへの書き込みが多くなるのは当然だ。「ロッテン・トマト」の「最後のジェダイ」観客レビューの投稿数は、シリーズ前作「フォースの覚醒」のそれとほとんど変わらないとベンソンは言う。

しかし、批評家や識者の中には、観客スコアが不当に操作されていると考える者もいる。ニュースサイト「Quartz」を含む複数のメディアは、フェイスブックページ「Down With Disney’s Treatment of Franchises and its Fanboys」(フランチャイズ映画とそのファンを不当に扱うディズニーを打倒せよ)を管理する匿名の人物が、ボットを使って複数のフェイクアカウントを作成し、大量の否定的なレビューを投稿した可能性を報じた。

編集=海田恭子

あなたにおすすめ

合わせて読みたい