Close

PICK UP

気になる「ビジネスモデル」を図解してみた

Pressmaster / shutterstock.com

次なるユニコーン企業(非上場で時価総額10億ドル超)と評されている、米国発のすごいビジネスモデルを図解で4つ紹介します。

1. Optoro(物流)
2. Fundbox(金融)
3. PillPack(製薬)
4. Farmers Business Network(農業)

このうち3つは5年以内に創業、残りの1つであるOptoroも2010年創業。いわゆるスタートアップですが、全て100億円前後の資金調達を完了させている急成長中の企業です。



Optoro

1つ目は、ECサイトの返品・売れ残り商品を扱うリバース物流サービス「Optoro」。

これだけオンラインショッピングの市場が拡大した現代だからこそ、返品や売れ残りは小売事業者にとって、かなりの損失。さらに、それらが廃棄されてしまっては環境にもよくない。そこでOptoroはより持続的な消費を促すために、ECで返品された商品を扱う物流サービスをはじめた。サステナブルを標榜するところも、時代のトレンドにぴったり。

同サービスのすごさは、送られてきた商品を自動的に選り分けて最もベストな再販先をきめるところにある。ここに彼らの技術が詰まってるといっても過言ではない。

再販するだけでなく、必要に応じて修理したり(修理業者のネットワークも抱えている)、リサイクルや寄付にまで回したりもする。彼らが作成したサービス紹介のビデオでは"ネクストベストホームにデリバリーする"と言っている。その表現もわかりやすくていい。

自分たちでBtoC向けにはBlinq、BtoB向けにはBULQという再販先のサービスもつくり、きちんと出口も用意してる。一見すると廃品回収業者に近いけれども、それをすごく現代的な方法でやっていて、社員は500人以上。なおかつ1億ドル以上をすでに調達していて次のユニコーンと評されるほどに成長している。



Fundbox

書類なしで請求分をすぐに現金化できるサービス「Fundbox」。

いわゆる、「ファクタリング」と呼ばれる、他社の売掛金を買い取ってそれを回収していく金融サービス。この Fundbox がいま、すごくアメリカで伸びている。すでに1億ドル以上調達し、2017年の売上予想は5500万ドル。運転資金の調達なんて、もともと需要がある領域で、特別新しいわけでもない。それにもかかわらず、なぜこれだけ成長しているんだろう、と思ったのが興味を持ったきっかけ。

一般的に、ファクタリングには書類の審査がある。これは、売掛金を買い取る際のリスクをなるべく正確に判断したいからだ。実はこれがすごく面倒。

でも、Fundboxには書類審査が一切ない。オンライン会計ソフトウェアを連携させることを必須にしているため、審査レスを可能にしている。。ここから企業の会計データを読み込み、そこから自動的にリスクを算出し、リスクフィーとして手数料を上乗せしてる。この技術がすごい。

中小企業、スモールビジネスの場合、銀行から融資を受けることが自体がそもそも難しく、資金繰りに困ったときに打てる手が少なかったりする。そんなとき、請求書をもとにその売掛金をすぐに現金化できる、しかも面倒な書類提出などがなく、手持ちの会計データを同期させればすぐに現金が引き出せる、ということで、これまで困っていてもなかなかファクタリングしなかったスタートアップなどが続々と申込み、かなりのペースで顧客が増えているそう。

既存の市場ではなく、そういう新たな市場を切り開いたとして、評価されてるみたいだ。「フィンテック」と呼ぶと、ちょっとだけ思考停止感もあるけど、技術力と市場の目のつけどころがうまい。現在はさまざまな類似サービスも出てきてるみたいだけど、資金繰りにこまったときの助け舟は選択肢が多いほどいいので、がんばってほしいし、日本にも便利なサービスどんどん出てきてほしい。

文=近藤哲朗

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい