Close

【会員10万人突破記念】
500名様にギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

AI情報プラットフォーム「AI Open Innovation Lab」

Photo by iStock

2017年は日本における「AIスピーカー元年」と言えるだろう。11月15日に満を持して日本で発売されたアマゾンのAIスピーカー「アマゾンエコー」と、10月上旬に一足先に発売された競合製品の「グーグル・ホーム」。両製品のどちらが日本市場で優位となるかメディアや関係者の注目が集まっている。

なおアマゾンエコーとグーグル・ホームは、北米市場でも「2強状態」にあり、シェアの大部分を占めているという統計もある。とはいえ、AIスピーカーの時代は始まったばかり。他社製品も続々と発表されており、今後どの製品が人気を得ていくかは不確かな状況だ。

10年を経て復活したソニー「aibo」

今後、AIスピーカーの分野で期待される製品のひとつに、ソニーの「aibo」がある。ソニーは1999年に自律型ペットロボット「AIBO」を発表。2006年に生産を終了していた。しかし、2017年11月に表記をアルファベットの小文字に変え、改めて販売すると発表。予約開始からわずか20分で完売となり、巷の話題をさらった。

今回、新しくなったaiboには人工知能が搭載されており、自らオーナーに能動的に働きかけ、喜ぶことを学習していくという。また高齢者などの健康状態をチェックする「見守り機能」をはじめ、他社が開発したIoT端末と連動したサービスも随時更新されていく計画だという。

aiboは犬型ロボット、ペットロボットと呼ばれているものの、仕組みや機能、想定されている用途などを考え合わせると、AIスピーカーとしての特徴をすべて持ち合わせている。公言されてはいないが、ソニーがAIスピーカーの盛り上がりに合わせて市場に投入したのは、火を見るより明らかだろう。AI業界関係者のひとりは次のように話す。

「市場投入のタイミングが非常に上手い。しかも、aiboは過去に人気を博した商品の復刻盤で、アマゾンエコーやグーグル・ホームにはないキャラクター性も持ち合わせている。今後の発展や売れ行きが楽しみです」

LINEとNAVERが共同開発

キャラクター性という文脈では、LINEとNAVERが共同開発したAIスピーカー「Clova Friends」も見逃せない。同製品は、LINEフレンズのキャラクター「ブラウン」と「サリー」をモチーフにつくられたものだ。非常に愛らしい姿で、重量は378gと軽量。バッテリーの連続使用可能時間は5時間となっている。

搭載されているAIは、両社が共同開発した「Clova」。同AIはこれまでアプリなどに搭載され、音楽再生、生活情報検索、カレンダーブリーフィング、交通情報、場所のお勧め、英会話などのサービスを提供してきた。

文=河鐘基

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい