超AI時代の暮らし方について未来の住空間を考える対談型カンファレンス【blueprint】を連載。

株式会社インヴァランスは、メディアアーティストの落合陽一氏と「超AI時代の暮らし方」について未来の住空間を考える対談型カンファレンス【blueprint】を立ち上げた。その内容は特設サイト、そしてForbes JAPAN BRAND Voice Channelにて随時展開される。


インヴァランスは東京23区を中心に、99棟の分譲、投資用マンションを提供している。不動産投資事業だけでなく、自社開発したIoT(アリッサ)を搭載するスマートホーム事業で注目され、2016年より始まった同事業は、すでに500を超える戸数を販売する。

IoTの時流に乗り、住まいも変革の時にある。立地や居住空間だけが不動産の価値ではなく、むしろテクノロジーと密接に関わり、豊かな生活が求められる時代だ。同社が対談型カンファレンス【blueprint】を立ち上げるのは、その時代の転換期にあるからだ。

2045年に、人工知能(AI)が人間の知性や能力を超える「シンギュラリティ(技術的特異点)」が訪れると言われる。「AIが人間の仕事を奪う」といった一方向の見方ではなく、AIが私たちの暮らしをより豊かに、便利にしてくれることを考えるべきだろう。

メディアアーティスト×AI×住まい

すべての人にとって未知ともいえる超AI時代、私たちの暮らしはどんな変化を遂げていくのか、超AI時代と暮らし方に迫る【blueprint】。このカンファレンスをオーガナイズするのは、気鋭のメディアアーティスト落合陽一氏だ。

AIに関する広い知見をお持ちの有識者を招き、6回連載で実施される。共通のテーマを『「超AI時代の暮らしスタイル」 AIは暮らしをどう豊かにデザインするのか 』とし、深く考察する。その第1回は、インヴァランス代表の小暮学だ。超AI時代で変わる暮らしについて意見を交わす。(順次公開予定)

#1|超AI時代、私たちの暮らしはポジティブに変化する

Promoted by インヴァランス

あなたにおすすめ

合わせて読みたい