Close RECOMMEND

PICK UP

I look at the impact of mobile technology and online media.

写真はNokia 8(junior_cinematic / shutterstock.com)

ノキアブランドのスマートフォンを手がけるフィンランドの「HMDグローバル」が、来年1月にノキアの新端末を発表する模様だ。

HMDグローバルが同社初となるノキア端末「Nokia 6」を発表したのは、今から約1年前だった。昨年の家電見本市CESで同社は中国その他のBRICs諸国向けに、このモデルを発表した。情報サイト「XDA」のIdrees Patel記者は、2018年のCESでの発表が期待される新端末に関し、次のように述べている。

「中国の認証機関データベースで“TA-1054”とされる端末の存在が確認された。このデバイスは18:9の比率のディスプレイを持ち、指紋センサーを背面に搭載。背面にカメラがある。また、アンテナ用スペースが端末の上部と底部にあるため、金属製のユニボディ端末となることが推測される」

HMDグローバルは1月18日に中国でイベントの開催を予定している。新端末の発表が迫っているとすればここでその端末が披露される可能性もある。

また、ノキアに関しては別の製品ラインの登場も期待されている。2017年に発表されたモデルには、ウルトラプレミアムと呼べる製品はなかった。今年9月にHMDはカールツァイスのレンズを3つ搭載したNokia 8を発売したが、現在のハイスペックモデルの基準から考えると、やや物足りない製品だった。

Nokia 9がCESで披露されるとしたら、スマホ業界では最も注目すべき端末の一つになるはずだ。ノキアが定義する“2018年のプレミアム端末”はどのようなデバイスになるのか。1月の発表を大いに期待したい。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい