Close

【会員10万人突破記念】
500名様にギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I currently work as an SEO Content Executive for DMG Media, optimising content across the UK, US and Australia.

r.classen / shutterstock.com

仮想通貨「イーサリアム」の価格が、ビットコインやライトコインと並んで高騰している。先日は仮想の猫を育成するゲーム「CryptoKitties」の大ヒットによって、イーサリアムのスケーラビリティ問題が露呈したが、それでも12月12日時点でイーサ(イーサリアムの通貨単位)の価格は625.25ドルまで上昇している。

2018年は、多くの金融機関がコンプライアンスの改善を目的にブロックチェーン技術を使った様々なプロダクトをリリースすることが予想され、イーサリアムの人気が高まっている。

12月12日、UBSが主導する「Massive Autonomous Distributed Reconciliation(Madrec)」というプロジェクトの発足が発表された。Madrecには、バークレイズ、クレディスイス、KBC、SIX、トムソン・ロイターが参加している。銀行各社は、これまで仮想通貨の実験を行ってきたがMadrecでは今後、イーサリアムを活用したデータ照合の簡素化を進めていくと報道された。

イーサリアムは、ビットコインに比べてポジティブに捉えられることが多く、2015年のリリースから2年で流通量が世界2位の仮想通貨となった。テレグラフによるとイーサの価値は年初から6800%も上昇したという。

イーサは仮想通貨ブームの中で人気を増し、今では仮想通貨の中で3番目に価値が高く、時価総額では2位となっている。

イーサリアムは、2013年に当時19歳のヴィタリック・ブテリンがビットコインよりも優れたプラットフォームを作ることを目的に考案した。イーサリアムは、ビットコイン同様に非中央集権型の決済プラットフォームで、銀行を介さずに匿名で決済を行うことができる。また、取引きデータはブロックチェーン上に記録され、誰でも閲覧することができる。

ライトコイン同様、イーサリアムはビットコインに比べて決済スピードが速いことが人気の理由となっている。サードパーティ製アプリをイーサリアムのプラットフォーム上で稼働させたり、他の形式のデータを保存できることもこともイーサリアムの利点だ。

仮想通貨市場の参加者が増加を続ける中、イーサリアムの価値は今後も上昇することが予想される。しかし、ひとたび人々の関心が薄れれば、バブルが崩壊するリスクもある。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい