Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about early career issues.

Dragon Images / Shutterstock.com

職を転々とすることの影響は、よく語られる話題だ。「転職が多い人は気まぐれで信頼できないと思われる?」「ほんの短期間の職歴も、履歴書に書くべき?」「どれ程の期間働けば本気度が示せる?」──

しかし逆の状況、つまり同じ会社で同じ仕事を長期間続けることは、あまり語られない話題だ。転職を繰り返すことが一般的になりつつある中、同じ仕事を5年以上続けているような人は、安定した人材ではなく、新鮮味のない人材と思われるようになってきた。

長く続けた仕事をそろそろ辞めるべきか迷っている人に向けて、あなたが転職活動を始めるべきことを示す兆候を幾つか紹介しよう。

「車輪の再発明」を何度も見てきた

テレビドラマや映画なら、リブートものも上手くいくかもしれない。しかし、経営理念や会社方針がトライ・アンド・エラーを繰り返すようでは、あまりよろしくはない。

以前うまくいかなかったアイデアが再び出現するのを目の当たりにするほど在籍期間が長いようなら、自分の正気を保つためにもその場から逃げ出すのが得策かもしれない。

2012年から2014年までの間にあった3度のウェブサイト刷新を経験してこなかった同僚には、自ら試行錯誤を通じて学んでもらう必要がある。その光り輝くアイデアは8年前に既に失敗しているのだとあなたが指摘しても、冷めた人だと思われるだけで、まともに受け取ってもらえないだろう。

存在が当たり前になっている

会社に長くいすぎて、周りの人々があなたをオフィス家具か何かのように扱う。または、「エリート」社員から成る新プロジェクトチームには招待されず、会議で意見も求められない。一方で、報われない作業が発生すれば、「対応してもらえますか?」と必ず言われる。

あなたが価値を生み出せていないわけではない。長く価値を生み出し続けてきたばかりに、周りの人々はあなたがいなくなったらどうなるか考えたこともないのだ。しかし、あなた自身は立ち止まって、この状況をどうするか考えるべきだろう。

編集=遠藤宗生

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい