Close

【会員10万人突破記念】
500名様にギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

マーケット、ミレニアル世代、マネー担当。

Photographee.eu / Shutterstock.com

ニューヨークのマンハッタンに住むBrian Jeffordsは大手テック企業に勤務し、年間120日を出張先で過している。しかし、彼が旅から戻ると部屋は綺麗に片付き、テーブルには花が生けられている。さらに、冷蔵庫の中にはお気に入りのチーズもそろっている。

この快適な暮らしは彼が住む高級賃貸アパートが、家事代行サービスの「Hello Alfred」に加入しているからだ。彼が住むミッドタウンの物件「MiMA」は不動産企業「Related Companies」が運営する。

11月30日、Related Companiesは家事代行サービスHello Alfredとの提携を正式にアナウンスした。今後、Hello Alfredはニューヨークの1万1000世帯に同社のサービス対象を広げることになる。

Related Companiesの物件の入居者らは今後、無料で週に一度の清掃や生鮮食品のデリバリー、Eコマースで買った商品の受け取り代行などを依頼できる。MiMAタワーの月額の家賃はスタジオタイプの部屋で約3500ドル(約40万円)、2ベッドルームの部屋が約6000ドルだ。

Hello Alfredはマシンラーニングの仕組みを活用し、利用者の好みを学習するという。同社の共同創業者でCEOのMarcela Saponeは「このサービスを使えば、トイレットペーパーやペーパータオルを切らすことも無くなる」と述べた。

Related CompanieのChris Schmidtによると「賃貸物件業界では、顧客にどんなアメニティを提供するかの競争になっている。Hello Alfredのサービスの導入により、競合よりも優位に立てる」と述べた。

「フォーシーズンズ」や「リッツ・カールトン」などの高級ホテルも近年、室内でホテル的サービスが受けられる高級賃貸物件の運営を始めている。また、WeWork傘下の「WeLive」も富裕な若年層をターゲットにした家事サービスつきの物件の開設プランを発表した。

Hello Alfredの創業者らはハーバードビジネススクールの出身で、2014年の創業以来2300万ドル(約26億円)の資金を調達。CEOのMarcela Saponeは2016年のフォーブスの「30アンダー30」にも選出された。

Hello Alfredは初期にB2Cモデルでサービスを展開した後、不動産業者向けのB2Bサービスに事業モデルを転換。現在はニューヨークやニュージャージー、ボストン、サンフランシスコで事業を展開し、2018年にはシカゴやワシントンDC、ロサンゼルスにも進出する計画だ。

「都市部の不動産業者は今後、物件を提供するだけでの存在では居られなくなる。彼らの商品はライフスタイルとエクスペリエンスになる」とSaponeは述べた。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい