キャリア・教育

2017.12.09 19:00

仕事中の活力をあげる4つのコツ


4. 昼寝などの休息を取る

私は、頭をいったん休めて昼寝することがなかなかできないのだが、もしできるとすれば昼寝を勧める。米国立睡眠財団(NSF)は、20~30分の昼寝は気分や集中度、パフォーマンスを改善すると述べている。

昼寝をすれば効果的にエネルギー補給ができる。私のように眠ることができない人は、静かに座ったり、音楽を聞いたり、ただ目を閉じて数分日光浴をするだけでもいい。ただし、毎晩十分な睡眠を取れていなければ昼寝では役に立たない。常日頃から適切な睡眠時間を確保するようにしよう。

日中に昼寝や運動の時間を作ることなど絶対に無理だと考えている人には、小さなことから始め、ここに挙げたコツを一つずつ実践してほしい。自力で成功を収めた大富豪でも、運動と良質な休憩の重要性は理解している。

自分に合った方法が見つかれば、その他の方法を一つずつ追加する。しばらくすれば、どんなにつらい日々でも活力を絶やさないような習慣を作れるはずだ。

翻訳・編集=出田静

タグ:

ForbesBrandVoice

人気記事