Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

.

Photo by Samir Hussein / Samir Hussein / WireImage

11月20日、上海で開催された下着ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」のショーは、中国人モデルのミン・シーがランウェイの途中で転倒するアクシデントに見舞われるなど、波乱含みの内容だった。しかし、その後ヴィクトリアズ・シークレットの下着を製造する香港のメーカーは、好調な決算を報告した。

香港本拠のインナー(下着)と機能性スポーツ衣料の世界的製造メーカー「レジーナ・ミラクル」は11月30日、今年の3月から9月までの業績を報告。純利益は6か月で311%の伸びで1230万ドル(約14億円)に達した。ヴィクトリアズ・シークレットをはじめアンダーアーマーやナイキらを顧客に持つ同社の売上の、81%をブラジャーやスポーツブラ、矯正下着などのインナーが占めている。同社はFrost & Sullivanの2014年のレポートで「世界最大のブラジャーメーカー」とされた。今期の決算にはインナー類の売上が34%伸びたことが寄与した。

レジーナは売上に占めるヴィクトリアズ・シークレットの比率を明かしていないが、ベトナム工場の効率化が利益増に貢献したと述べている。9月末までの6か月間の売上は、前年度の1年間トータルの売上とほぼ同レベルに達した。

ヴィクトリアズ・シークレットの親会社のリミテッド・ブランズも同日、11月の売上が2%伸び、利益率が改善したと報告し、株価は夜間の取引きで6.7%の上昇となった。

ただし、レジーナの株価は1年前と比べるとほとんど変化がない。レジーナの株価は昨年末から下落が続き、今年5月に年初最安値の5.56香港ドルをつけた後、現在は7.67香港ドル付近まで回復している。同社は新規顧客のユニクロやGapからの受注増を期待している。

レジーナ会長のHung Yau Litは高校を中退後、ファスナーメーカーの「Velcro」に務めた後に自身の会社を立ち上げた。同社は2015年に香港市場に上場した。Hungは2016年にフォーブスのビリオネアリストにランクインしたが、翌年には会社の売上減によりランキングから消えた。現在の彼の資産額は9億ドル(約1010億円)と算定されている。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい