世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

祝杯をあげるとき、自分自身の時間を楽しむとき…一杯の酒と向き合う空間に身を置くひとときは、明日への活力となるだろう。年末にかけてクリスマスや忘年会、会食などさまざまなTPOで酒のあるシーンをお楽しみいただきたい。


仏ボルドーの赤ワインは複数のブドウ品種をブレンドするのが特徴。ボルドー品種として名高いカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランをブレンドし、言わばボルドースタイルでありながらカリフォルニアで非常に高い評価を得ているワイン、それがポートフォリオだ。

年間生産本数3000本と少ないため幻のワインとしても知られているこのポートフォリオ、最大の特徴は元オーパス・ワンのディレクターにして、現在もロバート・モンダヴィの24銘柄で醸造責任者を務めているジェヌヴィエーヴ・ジャンセンズが立ち上げたワイナリーであるということ。

もちろん素材であるブドウの品質にもこだわり、カベルネ・ソーヴィニヨンはナパ・ヴァレーで最高峰ブドウの産地である「ヘンドリー・ランチ・ヴィンヤード」の「ブロック8」を採用。手摘みで収穫し、100%フレンチオークの新樽で熟成させているが、なんと熟成期間中は日々モーツァルトを聴かせているのだとか。

木箱に描かれたふたつの横顔は、ジェヌヴィエーヴさんのパートナーである画家のリュック・ジャンセンズが描いたものだが、このワインはまさに夫妻がわが子同様に愛情を注いで造りあげた1本だ。

ボルドーとカリフォルニア、カベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フラン、ジェヌヴィエーヴとリュック……ふたつの要素が交わるとき、互いの個性は引き立てあい、いっそうの輝きを放つ。


ミシュランでは三ツ星、ニューヨーク・タイムズでは最高位である四ツ星の評価を受けるスターシェフ、ジャン・ジョルジュによる日本初のレストラン。昆布や生姜、味噌など和食の要素を取り入れた彼の創作的なシグネチャーキュイジーヌは世界の食通を虜にする。


黒毛和牛のシアード ソイキャラメルのソース ”¥19,800コースの一皿。

From Chef and Sommelier

米澤文雄さん(シェフ)、藤原龍さん(ソムリエ)

「稀少なワインなので、わざわざ『ポートフォリオが飲みたい』とお越しになるお客さまも。ほどよいタンニンと凝縮感のある味わいで、飲みごたえのあるワインです」(米澤)

「ベリーのような香りの奥に、ジンジャーやスパイスを感じます。この生姜を使ったソースとは最高のペアリングです」(藤原)

Portfolio 2013/ポートフォリオ2013


ワインへの負担を最小限に抑えるため、すべての工程においてポンプを使用せず、重力のみで果実やワインを移動させる“グラヴィティー・フロー方式”を採用するなど、先鋭的な造りが話題。

度数:15.0%
容量:750ml
価格:¥35,000(税別)
問い合わせ:ミライズ http://www.mirai-z.com/

Promoted by ミライズ text and edit by Miyako Akiyama photos by Masahiro Hatta 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい