Close

PICK UP

ASIANEWS シンガポール支局長

タイ・プーケットにある『トリサラリゾート』のシーフードブランチ

アンソニー・ラーク(58)。リゾート好きなら知らない人はいない、27歳の若さでアマングループ初のリゾート、アマンプリのゼネラル・マネージャーになった人物だ。

そんなラークが、アマングループの4つのリゾートの立ち上げに関わったのち、12年過ごしたアマンを離れ、自分が思い描く理想のリゾートを作りたいとオープンしたのが、タイ・プーケットのトリサラリゾートだ。

まるで自然の中に溶け込むような、完璧な静寂を生み出しているのは、元々この土地で育っていた植物たち。元の生態系を守るために、一旦開発をした後、元々あった木を植え直すという、手間のかかる作業をあえて行った。500室の大型リゾートが可能な敷地に、わずか39室だけという贅沢な作り。各ヴィラは独立していて、それぞれに玄関があり、全てにプライベートプールが付いている。

「好きなデザインにして良いと言われたので、最初に出資者に見取り図を提出したら、『で、ホテルはどこにあるんだ?』と聞かれました」と笑う。

ゆったりと幅広に作ったベッドの真正面には、海にそのままつながるように見えるインフィニティプール。隣り合ったヴィラ同士は、植物が自然の目隠しとなり、目の前の海は両端を岩場に守られた事実上のプライベートビーチのため、完全なプライバシーが守られている。水着を持ってきても、その必要性を忘れてしまいそうな、そんな場所だ。

e

室内にも、余計なものはない。バスアメニティも、いわゆるラグジュアリーなブランド物ではない。無駄なものを削ぎ落とした、社会生活の鎧を脱ぎ捨てる場所にしたい、そんな強い意志を感じる。その代わりにあるのは、人の温もりだ。朝食でも、部屋番号を聞かれず、名前で呼ばれる。

ラークは、「自分の家に招いたつもりでゲストを迎えています。超高級なエアビーアンドビー? そうかもしれませんね」と冗談交じりに話す。

分譲エリアを加えると133ベッドルームからなるリゾートには、450人のスタッフがいるのだと言う。また、エコリゾートの考えに基づき、室内には、シャワーキャップなどの一部のものを除いては、一切ビニール製の製品はない。置かれている虫除けは天然のハーブエキスを使ったもので、屋内屋外共に、殺虫剤などは一切使わないなど、時代を超えた確固たる信念に基づいて作られたことがわかる。



しかし、それでもリゾートは毎日進化し続けていないといけないのだ、とラークは言う。

「ふとしたきっかけで、今から20年前のリゾートのランキングを見てみましたが、今もトップを走り続けているリゾートはありません」と、時代の変化に適合する必要性を強調する。トリサラは今も昔と変わらず、プーケットを代表するリゾートだが、それでもなお、革新が必要というのは、なぜなのか。


写真左がアンソニー・ラーク氏(右はタイの著名レストラン『レドゥ』のシェフ)

文・写真=仲山今日子

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい