Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I've won several journalism awards, and my writing on travel has appeared in The Los Angeles Times,

charnsitr / shutterstock.com

口コミを読んで予約ができる世界最大の旅行サイト「TripAdvisor(トリップアドバイザー)」のユーザーは、約3億人に上る。2017年度の売上高が15億ドル(約1680億円)に達すると予想されている同社の旅行・ホスピタリティ業界への影響力は、いまや非常に大きなものとなっている。

そのトリップアドバイザーは11月1日、自社サイトのホテルを個別に紹介するページに新たに「警告文」(赤枠で囲んだメッセージ)を掲載する方針を決定したことを明らかにした。「メディアまたは信頼できる情報源が消費者の健康と安全、差別に関する問題を警告している」施設であることを示すものだ。掲載期間は少なくとも3か月となる。

トリップアドバイザーの発表文によると、同社は米紙USAトゥデーが報じた記事に基づき、新たな方針を打ち出したという。記事は2010年にメキシコに旅行した際、宿泊したイベロスター(Iberostar)のホテルで性的暴行の被害に遭ったという女性の訴えに関するもの。このホテルを利用する他の人たちに注意を促そうと被害を口コミで投稿したが、トリップアドバイザーはそれを削除していたという。性犯罪被害に関するその他の口コミも、同様に削除されていた。

同社はその理由について、「子供のいる家族向けの文章(言葉遣い)ではなかった」「本題からずれていた」ため、などと説明していた。だが、USAトゥデーの記事が掲載された後、同社はこの件について謝罪している。ただし、警告のメッセージが掲載されている施設は、現時点ではイベロスターを含めたメキシコの3軒のホテルのみとなっている。

一方、イベロスターの広報担当者はフォーブスの取材に対し、「宿泊客の安全とウェルビーイングが現在も今後も、当社の最優先事項だ」としながらも、「…被害女性の主張を裏付けるいかなる証拠も示されていない中で、一定期間における警告の記載を決定したトリップアドバイザーの対応を非常に残念に思っている」と述べている。

ホテル業界からは疑問の声

トリップアドバイザーが導入を決めた警告文の記載は、明らかにホスピタリティ業界全体に影響を及ぼすものだ。同社はどのように掲載を決定し、過去のどの時点にまでさかのぼって警告の対象を決めるのだろうか。また、掲載の条件としている「信頼できる情報源」とは何を指すのだろうか?

編集=木内涼子

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい