Close

PICK UP

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

アジア太平洋地域における国際便の成長率(Source:CCG; CTRIP)

近年、いわゆる“爆買い”で中国人観光客が話題を呼んでいる。なかでも観光目的地として人気なのがタイだ。中国グローバル化研究センター(CCG)が2016年に行った調査では、タイに続き、韓国と日本が人気渡航先に上がっている。

ところが、その中国への海外からの観光客が10年頃から横ばい傾向にある。15年の段階で中国への観光客者数(インバウンド)よりも、中国からの出国者数(アウトバウンド)が3000万人以上も多い。外国人観光客の誘致が今後の課題か。

国際観光収支は?



インバウンドvs.アウトバウンド、伸び率は…



インバウンドツーリズム成長率で伸び悩む中国



行き先が中国」の割合は減少



SOURCE: CCG; CTRIP; JAPAN NATIONAL TOURISM ORGANIZATION; SINGAPORE TOURISM BOARD; KOREAN TOURISM ORGANIZATION; THAIWEBSITES.COM

この記事は「Forbes JAPAN 2017年11月号」に掲載されています。定期購読はこちら >>

文=ジンシャン・ホン 

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい