Close

PICK UP

I write about consumer tech such as smartphones and gaming in Asia

RPBaiao / shutterstock.com

中国で昔から庶民の足だった自転車が、IoTと融合し復興を遂げている。主要都市では「Mobike」や「ofo」といった自転車シェアリングサービスの台頭で、人々は自転車を所有する必要がなくなった。しかし、現代の中国にも自分の自転車でサイクリングを楽しみたいと考える人々は多くいる。

その一人だったジャン・ミンチョン(蒋旻宸)は、2013年にコアな自転車乗りをターゲットとした企業「行者(Xing Zhe)」を立ち上げた。

中国の大学でエンジニアリングを専攻したジャンは、英国の大学院でソフトウエアを学び、ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートで働いた経歴を持つ。現在31歳のジャンは、「2013年当時はサイクリスト向けアプリは中国に少なかった。本気の自転車乗りたちは、サイクリングコンピューターで自分の走行を記録し、スクリーンショットを趣味のコミュニティーでシェアしていた」と振り返る。

ジャンは自転車乗りたちがデータをシェアできるオンラインコミュニティーの構築に乗り出した。彼はスマホの自転車アプリの限界も感じていた。

「スマホのアプリは端末に依存するため、ハードウエアに起因する弱点を免れない。スマホの画面は太陽の下では見にくいし、古いスマホはバッテリーが持たない」

彼はその解決策としてサイクリング専用コンピュータの「Xoss Sprint」を開発した。「このデバイスは自転車の走行ルートを記録し、データはアプリでシェアすることも可能だ。Xoss Sprintはアプリに置き換わるものではなく、お互いに補完し合うものだ」

中国の多くのスタートアップと同様に、ジャンたちもクラウドファンディングで資金を募り、目標額の10万ドルを数日で調達した。

ジャンは、Sprintの欧米展開も描いている。行者のアプリは現状、中国のソーシャルメディア向けに特化しており海外では展開しにくいが、今後、アプリを北米市場向けに改良していく予定だ。

「より快適なユーザー体験を提供し、世界のサイクリングコミュニティーに貢献したい」とジャンは語った。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい