Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about how to do more with your consumer gadgets.

CroMary / shutterstock.com

アップルのiPad Miniは比較的ニッチなカテゴリにとどまっている。ポケットに入れて持ち歩くには大きすぎ、フルサイズのiPadに親しんだ人には小さすぎるのだ。アップルは2015年に第4世代のiPad Mini4をリリースしたが、その後のアップデートは行っていない。これはアップルがiPad Miniの販売にさほど力を入れていないことの証だろう。

しかし、iPad Miniを愛しているのが子供たちだ。小さな画面は子供たちには見やすく、操作も容易だ。車で遠出する際には、後部座席の子供にiPad Miniを使わせている親たちも多い。

しかし、アップルがiPad Miniを冷遇している間に、この市場に入り込むチャンスをうかがっているのがアマゾンだ。アマゾンの「Fire 7 Kids Edition」やタブレット製品の「Fire HD 8 Kids Edition」はバッテリーの持ちも良く、キッズ向けのコンテンツも豊富で、落としても壊れにくい点で親たちにアピールしている。

アマゾンは先日、iPad Miniからこれらの製品への乗り換えを促進する、交換プログラムを始動させ、専用サイトで下取りの価格査定サービスを提供中だ。下取り価格はバージョンやデバイスの状態にもよるが、iPad Miniのオリジナルモデルの16ギガの製品の場合50ドル程度。最新モデルの場合、150ドル以上の値がつく場合もあるようだ。

アマゾンは乗り換えを行ったユーザーに20ドル分のギフトカードも提供している。Fire HD 8 Kids Editionの定価は129ドルのため、iPad Miniのオーナーは非常に有利な条件で新品のタブレットを入手できることになる。(2015年発売のiPad Miniは現在、399ドルで売られている)。

子供向けのタブレットの購入を考えている人は、アマゾンのタブレットを選択肢の一つとして検討するのもありかもしれない。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE