Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

消費経済:小売業とそれを改革する人々について執筆

キアラ・フェラーニ (Photo by Ralf Juergens/Getty Images)

ファッションブロガー出身で「世界一有名なインスタグラマー」として知られる、キアラ・フェラーニ(Chiara Ferragni)の成功ぶりは、ハーバードビジネススクールのケーススタディのテーマに取り上げられたほどだ。

ハーバードビジネススクールは2015年、フェラーニのブログ「The Blonde Salad」が、少なくとも年間900万ドル(約10億円)を生み出していると試算した。

その後、フェラーニのビジネスは勢いを増し、自身のアパレルやアクセサリーブランドを設立。20名のスタッフとともに既存のファッションメディアに対抗しようとしている。

イタリアのミラノ出身で30歳のフェラーニは今年、フォーブスの「トップインフルエンサー」のファッション部門1位に選ばれた。「インフルエンサーという存在は今、新たなメディアになった」と彼女はフォーブスの取材に応えた。

「人々はかつてファッション関連のニュースを雑誌で得ていたが、今はその役割はソーシャルメディア上のインフルエンサーたちが担っている」

フェラーニがブログを始めたのは2009年、母国イタリアで法律を学ぶ大学生だった当時にさかのぼる。「最初は気が向いた時にブログで記事を書いていた。その後、世界的にファッションブロガーが注目を集め始め、ブランドからアプローチが来るようになった」

Guessやグッチといったブランドの広告記事を手がけていた頃から、彼女はいつか自分のブランドを持ちたいと思っていた。フェラーニはまず自身のシューズブランドを立ち上げ、スニーカーやローファーに彼女のシンボルマークとなった絵文字風の目のイラストを添えた。

フェラーニのアイテムは今では世界350ヶ所の店に置かれ、ミラノと上海には旗艦店をオープンさせた。今後の目標はアジアでの成長だ。中国に20店舗をオープンさせる計画も進めている。

フェラーニのインスタグラムのフォロワー数は1000万人以上。婚約者のイタリア人ラッパーのフェデスとともに世界各地を訪れ、旅先の美しい景色やスタイリッシュな暮らしぶりを投稿し、ファンたちを楽しませている。

彼女の妹のヴァレンティナもまた、インスタグラムで130万人のフォロワーを抱えている。フェラーニはヴァレンティナを、次のソーシャルメディア界のスターに育てようとしている。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい