Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

.

Photo by Andrew Burton / Getty Images

クリスティーズは中国本土では唯一の国際的なオークションハウスとして知られている。9月23日、上海で開催されたオークションで同社は総額1400万ドル(約16億円)の売上を記録した。

当日、最も高値で売却されたのは中国系フランス人画家のザオ・ウーキー(Zao Wou-ki)の作品「Diptyque」で、500万ドル(約5億6000万円)の値がついた。上海のオークションでこれまで最も高値を記録した西洋人アーティストの作品はサルバドール・ダリの「Eléphant du triomph」で、価格は200万ドルだった。

中国ではこのところ写真アートに対する関心も高まっており、中国人写真家の楊福東(Yang Fudong)の作品「International Hotel No. 8」には6万3000ドルの値がついた。

今回のオークションは上海のアートビジネスの中心地であるバンド(外灘)エリアのペニンシュラホテルで開催された。クリスティーズによると現在、同社のグローバル売上の13%が中国人の買い手からもたらされており、今年上半期のアジアの顧客からの売上は35%に達したという。

クリスティーズCEOのギョーム・セルッティは声明で次のように述べた。「我が社は251年の歴史を誇るが中国での歴史はまだ浅く、上海のオークションは今回で5回目だ。今後も中国でのオペレーションに注力し、現地のアートビジネスの発展に貢献していきたい」

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい