Close RECOMMEND

I write about the psychological aspects of business.


主張するときと黙るときを心得る

心の強い人は、しっかりと自己主張すべきときを理解していて、意見を言うことを恐れない一方で、注意を引くためだけに嫌味を浴びせてくる人は時に無視するのが一番であることも理解している。

精神的に強い人は相手を論破する必要があるとは思っておらず、相手に勝つためだけに議論をすることには興味がない。しかし、相手の行動が不適切な場合には、批判することも恐れない。

常に直接的なコミュニケーションを取るように心がける。正当な理由がある場合は「あのプロジェクトのことをリマインドしてくれたとき、あきれた表情をしていたけれど、何か気に障ることがありましたか?」などと聞こう。

またミーティング中、あなたの新しいアイデアに対して誰かが嫌味を口にしたら、代わりにあなたのアイデアに実際に興味がありそうな人に向けて話そう。そうすれば、本来注意を払うべき前向きな人たちに働き掛けることができる。

心の筋肉をつけよう

心の筋肉を鍛えれば、つらい状況を切り抜け、意地悪な人たちを健全な方法でかわすことは誰にでもできる。

しかし、自分が劣悪な環境にいることに気づいたら、そこから完全に抜け出す必要があるかもしれない。どれだけ心が強くても、不健全な職場にいると幸せな生活は損なわれてしまうものだ。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ