Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about interesting Chinese companies

testing / shutterstock.com

アマゾンは長年、中国市場への参入に苦戦している。現地の競合との戦いに苦しむアマゾンは市場の1%以下しか獲得できていないのが実情だ。

しかし、グーグルやツイッター、ウーバーらが中国から撤退した一方で、アマゾンは再度、中国への注力を深めようとしている。

アマゾンは中国の深センでアレクサ関連のエンジニアやAWSの技術者の募集を開始し、オリジナル動画番組のプロデューサーの求人を開始した。この動きは昨年、アマゾンが中国でアマゾンプライムプログラムを始動したのに続く流れだ。アマゾンプライムの中国版では、年間約60ドルの会費を支払えば約30ドル以上の買い物は無料の国際発送の対象となる。

アマゾンが当面、中国で狙うのは国境をまたいだEコマースの分野で、これは中国市場において今後成長が見込める分野だ。中国の消費者は海外の“本物”を求めており、海外の衣料ブランドや中国では買えない信頼性の高い食品を、アマゾンはプライム経由で提供することが可能になる。

調査企業Analysys Internationalによると、急成長を続ける中国のクロスボーダーEコマース市場において、アマゾンは直近の四半期で7.6%のシェアを獲得したという。同社のアナリストのChen Taoは、アマゾンは国際的な物流ネットワークから今後、さらなる利益を生み出し、米国や日本、英国等の諸国からの買い物を顧客に提供できると述べる。

アマゾンが中国で新たに採用するスタッフの多くは、Eコマース部門に割り当てられる。一方で「動画等のコンテンツ部門のスタッフは、動画を通じて海外のライフスタイルを訴求するコンテンツ創出にあたり、それにより新たなEコマース需要を生み出す役割を担うことになる」と、北京のコンサルティング企業Marbridge ConsultingのMark Natkinは語る。

アマゾンはこのやり方でアリババから顧客を奪う考えだ。アリババは動画ストリーミングを買い物に結びつけ、今年6月末までの四半期において売上を56%押し上げ、75億ドルにまで上昇させた。対するアマゾンのアプリは現状ではシンプルすぎて、デザインも悪く中国のミレニアル世代の需要を捉えられていない。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい