Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

テクノからチャート、その他の音楽業界に関する執筆を担当。

nito / shutterstock.com

ドナルド・トランプによる米軍からのトランスジェンダーの排除発言を受け、LGBTコミュニティへの支持を表明したエンターテイメント分野の企業がある。インディペンデントなミュージシャンたちの活動を支援する音楽配信プラットフォームの「Bandcamp」だ。

Bandcampは8月、同社のレベニューシェアの100%を、LGBTコミュニティを支援するNPO法人「トランスジェンダー・ロー・センター(TLC)」へ寄付する試みを1日限定で行った。

「我々はLGBT+のユーザーやスタッフを支援し、彼らを虐げるいかなる個人や団体にも反対する」とBandcampは声明で述べた。CEOのイーサン・ダイアモンドは「たとえそれが自分たちのビジネスの妨げとなったとしても、我々は自分たちが正しいと思うことを支持する」と断言した。

Bandcampは今年2月にも米国自由人権協会(ACLU)を支援するチャリティを行い、当日の売上は通常の日の550%増の100万ドル(約1億1000万円)を記録。その12%を寄付した。

Bandcampのプラットフォームを利用しているのは、無名のインディーズアーティストらが中心だが、2014年にはレディオヘッドのトム・ヨークがここでシングル「Youwouldn’tlikemewhenI’mangry」と、アルバム「Tomorrow’s Modern Boxes」の発売を開始し、大きな話題となった。販売は現在も継続中で、価格はユーザー自身が決定できるようになっている。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE